人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年7月11日

京都産業大学、関西王者・天理大学に挑む。ラグビー関西大学春季トーナメント決勝

ラグビーレポート by 京産大アスレチック
  • Line

写真:こだわりぬいたスクラムで関西の頂点へ

春にもう一度、天理大学と再戦できることは大きい―。6月2日、京都産業大学グラウンドにて行われた準決勝で、立命館大学を52-14で下し、大西健監督は語った。「ばらけいていたセットプレーを修正し、1つにできた」。

指揮官がそう語るように、FW(フォワード)が攻め込み、BK(バックス)が脚を活かし応える、連携の取れた試合展開だった。

J SPORTS 番組情報

  • 大学ラグビー

    J SPORTS では「ラグビー関東大学春季大会」「ラグビー関西大学春季トーナメント」をJ SPORTS オンデマンドで配信します。

前半4分、スクラムからFW陣が果敢に攻め入れ認定トライを奪うと、同16分、敵陣ゴール前でのスクラムからNO8(ナンバーエイト)のフェインガ・ファカイ(4年・日本航空石川)が押さえてトライ。

勢いそのままに31分、再び敵陣5mラインからのマイボールスクラムで積極的に攻めると、再びファカイがトライを奪った。

難しい位置からのコンバージョンとなったが、栢本光(4年・天理)が綺麗に決める。だが、前半終了間際に立命大にトライを献上し、21-7で試合を折り返した。

J SPORTS オンデマンド番組

赤紺軍団の攻撃は続く。後半開始直後、モールで攻め込みHO(フッカー)の宮崎達也(4年・伏見工業)がトライを奪う。

直後に立命大にトライを許したが、続く後半10分にはSH(スクラムハーフ)廣田瞬(2年・天理)が大きくゲインすると繋がれた中村悠人(4年・東海大第五)がトライ。

33-14とすると、21分にはゴール前のスクラムからファカイが持ち出し、パスを受けたLO(ロック)田中利輝(3年・東海大仰星)が飛び込んでトライを奪った。

同37分には廣田が相手ディフェンスの隙を見て抜け出しトライを決めると、ロスタイムにはマイボールラインアウトからパスを受けた、後半途中から出場のアサエリ・ラウシ(1年・日本航空石川)がディフェンスをかき分け攻め込む。

その後、パスを受けた宮崎がトライし、とどめ。52-14で快勝し、2年ぶりとなる関西大学春季トーナメント決勝の舞台へ駒を進めた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧