人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年7月4日

3連勝を目指す神戸製鋼、ヘイデン・パーカーが初先発。トップリーグカップ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

6月22日に開幕したトップリーグカップ。トップリー16チームとトップチャレンジ8チームの24チームが4プールに分かれて総当たり戦を行い、最終的に順位決定戦に臨む。つまり、予選プールで1位にならないと優勝することはできない。

7月2日(金)、東京・秩父宮ラグビー場で、プールD(神戸製鋼、リコー、NEC、豊田自動織機、近鉄、マツダ)注目の一戦、昨年度トップリーグ8位のリコーブラックラムズと、昨年度覇者の神戸製鋼コベルコスティーラーズの強豪同士が対戦する。

神戸製鋼は開幕戦でトップチャレンジの近鉄ライナーズに22-14と苦戦したが、前節は、昨季トップリーグから降格した豊田自動織機に38-12で快勝し、連勝スタートとなった。

トップリーグカップからワールドカップを目指す、SH(スクラムハーフ)日和佐篤がゲームキャプテンを務め、アンドリュー・エリスのケガで急遽先発したSO(スタンドオフ)清水晶大のハーフ団が引っ張り、連勝に導いた。

帝京大出身のルーキー、NO8(ナンバーエイト)ブロディ・マクカランは2節、先発で活躍した。

一方のリコーはキャプテンCTB(センター)濱野大輔、SO堀米航平、大東文化大出身のルーキーFL(フランカー)湯川純平らの活躍もあり豊田自動織機との開幕戦を36-14で快勝。

だが、前節はNECと接戦を演じたものの、DG(ドロップゴール)を決められず5-7で悔しい敗戦。今後を考えれば、ホームで神戸製鋼に何としても勝ちたいところだ。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ