人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年6月18日

帝京、早稲田を圧倒し2年ぶりの優勝。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 帝京スポーツ新聞部
  • Line

前日までの大雨が嘘のような快晴に包まれ、令和元年の王者を決める天気には持ってこいだ。

さらに会場は帝京大学のホームグラウンドである百草グラウンド。対抗戦、そしてチームの目指す「大学選手権優勝」という目標のためには負けられるはずがない。春季大会ラストゲームの早稲田大学戦は61-24で快勝。そして2年ぶりの優勝を果たした。

J SPORTS 番組情報

  • 大学ラグビー

    J SPORTS では「ラグビー関東大学春季大会」「ラグビー関西大学春季トーナメント」をJ SPORTS オンデマンドで配信します。

早稲田大のキックオフで試合が始まった。先制は早稲田大。帝京大のディフェンスのギャップをうまくつかれたところからだったが、その程度では帝京大は崩れない。その結果をトライで示した。

まずは前半11分、SO(スタンドオフ)北村将大(3年=御所実)が早稲田大ディフェンスの裏のスペースにゴロパンを蹴ると見せかけ真横に転がすと、すかさずWTB(ウイング)木村朋也(3年=伏見工)が反応。同点に追いついた。

続く19分、スクラムのコラプシングで得たペナルティからキックで大きく前進。そこから左にFW(フォワード)がボールを動かし、PR(プロップ)北隼人(4年=筑紫)が手薄だったラックの正面を突き、トライをあげ、逆転に成功した。

37分、今度はスクラムを猛プッシュし、プレッシャーをかけた。その後、早稲田大の落球したボールを拾い、右に展開。CTB(センター)小村健太(2年=ハミルトンボーイズ)が空いているスペースにキックでボールを転がす。

うまくバウンドを読んだ木村がキャッチ。木村は早稲田大のディフェンスに捕まるが、フォローに走った小村がボールを受け取り、トライ。前半を26-5で折り返した。

J SPORTS オンデマンド番組

ハーフタイムには帝京大チアリーディング部バッファローズの華麗な演技も行われ、会場を沸かせた。

後半も帝京大の勢いは止まらない。16分、起点はまたもスクラムからだ。早稲田大のラインアウトの反則から得たスクラムを猛プッシュ。

鋭角に走りこんできたCTB本郷泰司(4年=京都成章)がゴールラインのすぐ手前まで持ち込み、北が素早くインゴールに持ち込んだ。

写真:春を通して活躍した李承信

15分、WTB李承信(1年=大阪朝鮮)がキックをキャッチし、FB奥村翔(3年=伏見工)にボールが渡ると相手を引きつけ、スペースをうまく作り木村へとパス。木村が約60mを走り切りトライをあげた。

36分には一時、ゴール前5mまで下げられていたが、オフロードパスを貰った木村が約90mを走り切りトライ。

最後は李承が早稲田大ボールをインターセプトし、トライをあげ、ノーサイド。61-24で勝利。他会場の結果を踏まえ、2年ぶり、7度目の優勝が決まった。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧