人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年6月17日

3年連続準優勝のライオンズが──。レギュラーシーズンの最終節で明暗。スーパーラグビー2019

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line
ブルズvs.ライオンズ

◆ブルズ(南アフリカ)×ライオンズ(南アフリカ)
◆スーパーラグビー2019第18節/6月15日(土)/ロフタス・ヴァースフェルド(南アフリカ)
◆レギュラーシーズンの最終試合。PO進出決定済みのブルズが、必勝期するライオンズを圧倒。

3年連続でスーパーラグビー(SR)準優勝という戦績を誇る南アフリカ(SA)のライオンズが、最終節でまさかの展開を迎えた。

8勝7敗(勝点35)のライオンズは、現地時間6月15日、敵地プレトリアに乗り込み、7勝2分6敗(勝点36)のブルズとレギュラーシーズン最終節(第18節)を戦った。

最終節(第18節)は8枠あるプレーオフ(PO)進出争いが熾烈を極め、最終節前にPO行きの切符を手にしていたのは以下の4チームのみ。

・「クルセイダーズ」:ニュージーランド(NZ)カンファレンス1位
・「ジャガーズ」(アルゼンチン):南アフリカ・カンファレンス1位
・「ブランビーズ」:オーストラリア(AUS)カンファレンス1位
・「ハリケーンズ」(NZ):第4シード

残りの4枠を総合5位ブルズから総合12位ワラターズ(AUS)までが争う、という混戦となった。

迎えた最終節では、6月14日(金)から行われた試合の結果、シャークス(SA)とチーフス(NZ)、そしてブルズが8強入りを決めた。

残る1つの椅子は、6勝3分7敗(勝点36)のハイランダーズ(NZ)、そして勝点「1」差で追いかけるライオンズ(勝点35)が奪い合うことになった。

迎えた2019年レギュラーシーズンのラストゲーム、ブルズ×ライオンズ。

ライオンズは勝利すれば文句なしにPO進出。

負けても「7点差以内の敗戦」であればボーナスポイント「1」を加えてハイランダーズと並び、勝利数によりPO進出決定。悲願の初優勝へ、夢のつながる条件は多かったのだが──。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧