人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年6月10日

慶大が大会初勝利。大東大はスクラムが威力発揮。関東大学春季大会Aグループ

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line
大東大 WTB長谷川

前半、大東大のWTB長谷川

大学ラグビーの春季大会Aグループ「慶應義塾大学×大東文化大学」が6月9日(日)、神奈川・慶大日吉グラウンドで行われた。ともに0勝3敗で勝てば大会初勝利。

序盤戦は慶大に軍配。創部120周年のキャプテン・CTB栗原由太が躍動した。

神奈川・桐蔭学園時代はNO8も経験した新主将は、開始1分、技アリのグラバーキックをインゴールに転がし、WTB宮本恭右(3年)の先制トライをアシスト。5-0

技で見せた直後、前半5分には大東大のLOシアレ・パウラ・タウモア(1年)をねじ上げ、反則も誘った。

「フィジカルの面で負けたくはありません。前に出て身体を張って止めることができ、チームが勢いづく一つのきっかけになったのかなと思います」(慶大CTB栗原キャプテン)

大東大は反則を重ねて自陣を脱出できず、さらに慶大は前半9、14分、敵陣でのラインアウトモールを足場にHO原田衛(2年)が連続トライ。15-0とリードを広げる。

大東大の転機は自慢のスクラムだった。

豪シドニーで生まれ育ったWTB長谷川昇のランで敵陣に入ると、前半31分、マイボールスクラムを押し、NO8佐々木剛キャプテンが難なくスコア。7点を返した。15-7

「フォワードはマイボールスクラムが安定していて、相手ボールでもプレッシャーをかけていたので良かったです」(大東大NO8佐々木キャプテン)

しかし慶大も反撃。

前半34分には、高校日本代表のルーキーSO中楠一期(國學院久我山)が、相手キックを巧みに捕球。キック&ドリブルを織り交ぜトライ。

タックルも強烈だった有望株のスコアで、慶大の15点リード(22-7)として後半へ向かった。

後半の開始20分は、大東大のスクラムがふたたび威力を発揮。

PR渋谷圭、HO小泉友一郎、PR藤井大喜(いずれも4年)をFW第1列に並べ、たびたびスクラム戦で圧倒。PK奪取を重ねた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ