人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年6月10日

クルセイダーズが完勝、レギュラーシーズン全体の1位を決める。スーパーラグビー

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

スーパーラグビーのレギュラーシーズンも2節、プレーオフを賭けた熱戦が繰り広げられている。

第17節の今週は6月8日(土)に、ニュージーランドカンファレンスおよび全体で首位に立つクルセイダーズと、オーストラリアカンファレンス2位のレベルズが激突した。

3連覇を狙う王者クルセイダーズは、前節は同じニュージーランドのチーフスに27-40と敗れたものの、今季わずか2敗で勝ち点53と圧倒的な強さを見せており、すでにプレーオフ進出を決めている。

クルセイダーズは、ワールドカップ後にトップリーグのクボタでプレーするバイスキャプテンを務めるオールブラックスのCTB(センター)ライアン・クロッティがスーパーラグビー150キャップという節目の試合となった。

そのため、この試合のウェストスタンドは”ライアン・クロッティ・スタンド”となり、出身のクラブや学校のメンバーが招待された。

先発メンバーはチーフス戦から2名を変更。もう1人のバイスキャプテンで、FL(フランカー)マット・トッドがビリー・ハーモンに代わって復帰。

こちらもスーパーラグビー50キャップとなるSH(スクラムハーフ)ブリン・ホールがスターターを務め、エレアタラ・エナリが控えに回った。

他にもキャプテンのLO(ロック)サム・ホワイトロックを筆頭に、PR(プロップ)ジョー・ムーディ、LOスコット・バレット、NO8(ナンバーエイト)キアラン・リード、SO(スタンド)リッチー・モウンガ、CTBジャック・グッドヒュー。

現役のニュージーランド代表候補をずらりと並べる豪華な布陣で、ホーム最終戦に臨んだ。

一方、総勝ち点34のレベルズはオーストラリアカンファレンスでは1位のブランビーズ(総勝ち点39)に5点差をつけられているが、それでも8位以内でプレーオフ進出に十分なチャンスがあるだけに、敵地で勝ち点を奪いたいところだった。

前節ホームでワラターズに15-20で敗れてしまったレベルズは、7人の先発メンバーを変更。デイヴ・ヴェッセルHC(ヘッドコーチ)は、ワラビーズ経験のあるHO(フッカー)ジョーダン・ウエレセを今年初先発で起用。

SH(スクラムハーフ)ウィル・ゲニアはオーストラリア協会の代表候補の規定により休養を取り、代わりにマイケル・ルルと、SOマット・トゥムーアが初めてハーフ団を組む。

PRサム・タラカイ、FLアンガス・コットレル、WTBトム・イングリッシュ、CTBビルー・ミークスが先発し、SOクエイド・クーパー、WTBマリカ・コロインベテはベンチからのスタートとなった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ