人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年5月25日

開幕連敗の慶應義塾、課題克服して令和最初の早慶戦へ。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 慶應スポーツ新聞会
  • Line

U20日本代表から合流した選手が躍動

前週に行われた初戦の流通経済大学戦では、セットプレーの安定感を欠き敗戦を喫した慶應義塾大学は5月19日(日)、初勝利を目指し、帝京大学と対戦した。

慶大は前回の流経大戦と同様に主将の栗原由太(環4・桐蔭学園)が不在ながらも、U20日本代表のメンバーであるPR(プロップ)原田衛(総2・桐蔭学園)、LO(ロック)篠原孝太(政2・慶應)、FL(フランカー)山本凱(経2・慶應)がスターターに加わり、フルメンバーに近い布陣で試合に臨んだ。

序盤からWTB(ウィング)高木一成(商4・慶應)、LO山本凱の2人が立て続けにトライを決める好調な立ち上がりで試合を支配し、課題であったセットプレーも改善が見えたものの、試合が折り返す頃には逆転を許すなど、力及ばず20-42で敗れた。

J SPORTS 番組情報

  • 慶應

    大学ラグビー

    J SPORTS では「ラグビー関東大学春季大会」「ラグビー関西大学春季トーナメント」をJ SPORTS オンデマンドで配信します。

試合開始早々の前半4分、FB(フルバック)高木(商4・慶應)がトライを決め慶大が先制点を獲得。

この良い流れに乗り、流経大戦で課題となっていたラインアウトを成功させると、前半6分、FL山本凱が相手ディフェンスの隙を突き、ゴールラインへ一気に駆け抜けてグラウンディング。

厳しい試合展開が予想された中、10-0とリードし、上々の立ち上がりを見せた。

しかし、その後は主導権を帝京大に奪われ、守りの時間が続いた。22分、ついにディフェンスを突破されビックゲインを許し、そのまま失点。31分にはゴールライン際での攻防でトライを献上、10-14となり逆転されてしまう。

前半終了間際、またも自陣ゴール前まで攻め込まれピンチを迎えるも、なんとか耐えきりハーフタイムへ。さらなる追加点は許さなかった。

J SPORTS オンデマンド番組

迎えた後半。どうにか追いつきたい慶大だったが、自陣での帝京大ボールのラインアウトからゴールに迫られると、後半2分、止めきれずに失トライ。

このままやられてばかりではいられない慶大もすぐさま反撃。相手のゴール際まで攻め込み、最後は1年生のFL今野勇久(総1・桐蔭学園)が大学初トライを決めた。

ここから、慶大自陣でのプレーが続き帝京大ペースで試合が進むものの、両者大きなチャンスをつかめないまま試合が膠着する。この状態を打破させたのは、やはり優位な立場にあった帝京大だった。

23分にインゴール中央にトライ、立て続けに27分にもトライを奪われる。32分に慶大は敵陣でのスクラムからゴール前へ迫るもボールを奪われ、カウンターをしのぎきれずに失点。15-42と突き放されてしまう。

試合終了間際、敵陣でのラインアウトを獲得した慶大がこれを成功させ、インゴール前での攻防の末、PR原田がゴールに押し込んだところでノーサイド。20-42で春季大会2連敗となった。

結果としては強敵・帝京大に勝負所での強さを見せられ、春季大会で連敗。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧