人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年4月18日

東海大卒のモエアキオラが先発。上位浮上を狙うチーフスとライオンズが対戦

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

2月に開幕したスーパーラグビーも中盤に差し掛かり、4月19日~20日に第10節を迎える。19日(金)は、ニュージーランドの強豪のひとつであるチーフスが、2年連続準優勝の「南アフリカの雄」ライオンズを迎える。

ホームのチーフスは、第3節にホームでサンウルブズに15-34で敗戦するなど開幕から4連敗を喫し、一時は全体で最下位に沈んだが、6節からは3連勝し、3勝4敗1分(総勝ち点16)で現在カンファレンス4位、全体で11位と順位を上げてきた。

まだ厳しい状況には変わりないが、プレーオフ進出を狙い、調子は上向きと言えよう。

一方、2年連続準優勝のライオンズは、第2節でストーマーズ、第3節でブルズと南アフリカのライバルに連敗し、さらに第8節でシャークスに5-42と大敗。

続く第9節でもブランビーズに黒星を喫するなど、ここ数年の強さが影を潜めてしまっている。現在、4勝4敗(総勝ち点18)で、まさかの南アフリカカンファレンスで最下位に甘んじている。

まずは、何としてもホームで勝ちたいチーフスからメンバーを見てみたい。前節のブルーズ戦から5人の先発を入れ替えた。

FW(フォワード)はキャプテンのLO(ロック)ブロディー・リタリックが手を負傷し、前節は5番でプレーしたタイラー・アードロンが4番に。

5番にはミッチェル・ブラウンが入った。HO(フッカー)はニュージーランド代表のネイサン・ハリスに代わり、リアム・ポルワートが今季初めて先発する。

BK(バックス)は膝前十字靭帯を断裂し、ワールドカップが絶望的になってしまったオールブラックスのFB(フルバック)ダミアン・マッケンジーに替わって、ジャック・デブレツェニが15番をつける。

左WTB(ウィング)には前節負傷したソロモン・アライマロに代わって、前節、途中出場ながらトライを挙げた日本代表アタアタ・モエアキオラが先発し、CTB(センター)にはトゥムア・マヌがベンチに、アレックス・ナンキヴェルがスターターを務める。

そして、チーフスで65キャップ目を迎えるSH(スクラムハーフ)ブラッド・ウェバーがこの試合のゲームキャプテンを任されることになった。

チーフスのアシスタントコーチのタビ・マットソンは「リタリックとハリスのケガは軽傷ではないが、そこまで深刻ではない。イースターの休養の意味も含めて慎重にいきたい」と語った。

FWのセットプレーでプレッシャーをかけて、決定力のあるBKでトライを重ねて、調子の良くないライオンズにしっかり勝利したいところだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧