人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年4月8日

桐蔭学園が大会3連覇!平成最後のセンバツ王者に。全国高校選抜ラグビー大会、決勝戦レポート

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line
桐蔭学園vs.御所実業

平成最後のセンバツ王者は神奈川の桐蔭学園だった。

第20回全国高校選抜ラグビー大会“センバツ”の決勝戦が、4月7日(日)、埼玉・熊谷ラグビー場で行われた。

決勝の舞台に辿りついたのは、関東1位の桐蔭学園(神奈川)と、近畿5位の御所実業(奈良)。

快晴の午前11時、微風のコンディションでキックオフされた檜舞台で、まずは御所実業がペースを掴んだ。

青のセカンドジャージに身を包んだ御所実業は、FL長船鉄心(3年)がタックルでノックオンを誘って攻撃権を得ると、前半8分だった。

桐蔭学園vs.御所実業

相手ゴール前でペナルティを獲得し、ここでタップからチーム伝統のモールを形成。なだれ込んでFL長船がグラウンディング。

相手反則からのモール攻撃、という得意パターンで7点を先制した。

一方の桐蔭学園は攻撃を継続できずペースが掴めない。御所実業のPR津村大志キャプテンのボールハント、自軍のハンドリングエラーもあった。

ただ桐蔭学園もラインアウトDFが冴え、相手のスローイングをたびたびカット。得意のカウンターラックも見せ、御所実業のチャンスの芽を摘んだ。

しかし前半19分だった。

桐蔭学園 石岡玲英

御所実業はWTB石岡玲英(3年)のランで敵陣に入ると、左スクラムからのサインプレーでFL西林勇登(3年)が抜け出し、ポスト左にトライ。14点をリードした。

14点を追いかける展開となった桐蔭学園。

すると大会2連覇王者は前半25分、CTB桑田敬士郎(3年)のPG(ペナルティーゴール)成功で3点を奪う。

じわり詰め寄ると、前半31分、ゴール前のフォワード勝負からSH亀井健人(3年)が潜り込み、ゴール成功でビハインドを4点(10-14)とした。

追い上げムードで後半を迎えた桐蔭学園。

後半4分、規律が乱れた御所実業を追い込み、PR岡広将(3年)がトライラインの先へ逆転トライ(ゴール)。17-14

ついに14点差をひっくり返した。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧