人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年3月25日

3連覇を目指す王者クルセイダーズが初黒星。スーパーラグビー

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

3月22日~24日、スーパーラグビーの第6節が行われた。23日、オーストラリアのワラターズとニュージーランドのクルセイダーズの強豪同士がワラターズのホーム、シドニー・クリケット・グラウンドで激突した。

オーストラリアカンファレンスに所属するホームのワラターズ、開幕戦はホームでハリケーンズに19-20と1点差で敗戦し、続くアウェイではサンウルブズに31-30と今度は1点差で辛勝。

その後は第4節でレッズに勝利、5節でブランビーズに敗れて2勝2敗だが、カンファレンス2位につけている。

一方、スーパーラグビー3連覇を目指す王者クルセイダーズは開幕から連勝中だったが、ホームタウンのクライストチャーチで起こった銃乱射件の影響で、前節のアウェイのハイランダーズ戦は中止(再試合なし、引き分け扱い)となり、4勝1分でカンファレンス首位だった。

王者相手にワラターズは、FW(フォワード)にキャプテンのFL(フランカー)マイケル・フーパーを筆頭に、PR(プロップ)セコペ・ケプ、LO(ロック)ロブ・シモンズ。

また、BK(バックス)にも、SO(スタンドオフ)バーナード・フォーリー、CTB(センター)カートリー・ビール、元神戸製鋼のアダム・アシュリー クーパー、FB(フルバック)イズラエル・フォラウと、ワラビーズがずらりと並ぶ豪華な布陣で臨んだ。

クルセイダーズは、開幕から先発を続けていたオールブラックスのSOリッチー・モウンガが休養、ニュージーランド代表1キャップのブレット・キャメロンが先発。

休養をとっていたキャプテンのLOサム・ホワイトロックが今シーズン初出場、PRオーウェン・フランクスはスーパーラグビー150キャップの節目のゲームとなった。

試合前に、3月15日の銃乱射事件の犠牲者に対して、両チームが一緒になってフィールド中央で円陣を組んで黙祷を捧げた。またクルセイダーズはジャージーの袖に「United (団結して)15-03-2019」とい文字を刻んで試合に臨んだ。

試合は開始早々からホームのワラターズのペースで進む。前半4分、敵陣20m右サイドからのスクラムからFWで連続攻撃。LOジェド・ホローウェイがクルセイダーズのNO8(ナンバーエイト)フェトゥ・ダグラスのタックルをかわしてゴールへ突進しトライ。SOフォーリーのゴールも決まって、7-0とワラターズが先制する。

クルセイダーズもボールを保持しようとするが、逆にペナルティを取られてしまい攻撃にリズムが出ない。

すると11分、SOフォーリーのハイボールを見事にキャッチしたFBフォラウがWTB(ウィング)キャメロン・クラークへオフロードパスし、そのまま走ってトライ。SOフォーリーのコンバージョンは入らなかったが、12-0とリードを広げてゆく。

追いかける展開となったクルセイダーズは反撃を試みるも、ノックオンやフォワードパスなどミスで自滅し、なかなか得点に結び付けられない。

前半残り10分となったあたりから、クルセイダーズはようやくセットプレーが安定。29分、ラインアウトでHO(フッカー)コーディー・テイラーのスローインからWTBジョージ・ブリッジがトライ。SOキャメロンのゴールも決まり12-7と追い上げる。

それでも前半終了間際にCTBアシュリー クーパーがジャッカルを決めてペナルティを獲得し、SOフォーリーのPG(ペナルティゴール)でワラターズが3点を追加。15-7とホームのワラターズがリードして前半を折り返す。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧