人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年3月22日

群雄割拠の近畿を制したのは? 近畿高校ラグビー大会、第5代表決定戦・決勝レビュー

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line
第70回近畿高等学校ラグビーフットボール大会

上位5チームが「センバツ」こと全国高校選抜大会(3月29日開幕・熊谷)の出場権を得る第70回近畿高校ラグビー大会は、3月21日(木)、神戸ユニバー記念競技場で、決勝と第5代表決定戦の2試合が行われた。

6府県から16校が参加した伝統の近畿大会で、まず選抜出場権を得られる4強に進出したのは、東海大大阪仰星、関西学院(兵庫)、天理(奈良)、京都成章。

残る1枠は、準々決勝敗退の4チームによる「第5代表準決勝・決勝」を勝ち抜いたチームに与えられる。

この5枚目の選抜切符に手をかけたのは、準決勝で京都工学院を2点差(14-12)で退けた御所実業(奈良)。

対するは、準決勝で今年1月の花園王者・大阪桐蔭に28-19で競り勝った常翔学園(大阪)だった。

第5代表決定戦「御所実業×常翔学園」

12時15分にキックオフされた強豪同士の激突は、ロースコアの熱戦となった。

勝てば選抜行きが決まる決定戦で、序盤はお互いにミスも目立った。

しかしブレイクダウンでの集散に勝る御所実が、次第にペースを掴み、SO高居海靖らが絶妙なキックでエリアを獲得。組織的なキックチェイスも奏功した。

常翔学園陣でのプレータイムを増やした御所実は、前半11分、CTB谷中廉がゴールに迫り、最後はキャリーにインパクトのあるPR津村大志が先制トライ。

FB石岡玲英のコンバージョンも決まり、御所実が7点を先制した。

FWの体格で勝る常翔学園だが、ブレイクダウンでプレッシャーを受けて自陣に後退。

LO木戸大士郎、NO8知念優来らの1年生FWも攻守に奮闘したが、前半は我慢の時間が多かった。

御所実が7-0とリードして迎えた後半。

相手防御のプレッシャーもあり、常翔学園はハンドリングエラーなどで攻撃機会を失う場面が目立った。

しかし後半15分頃にはSH高岸尚正がパスダミーからビッグゲイン。敵陣ゴール前に侵入したが、その後のラックでサポートが遅れて相手ボールに。

終盤は体格で勝る常翔学園が、敵陣でラックサイドの近場勝負。じりじりと前進するが、黒い壁を崩しきれなかった。

最後はゴール目前でノックオンとなり、ノーサイドの笛。

近畿ブロックの第5代表としてセンバツに乗り込むのは、奈良県の御所実に決まった。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ