人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年1月14日

『前へ』、明治大学が22年ぶりの頂点。ラグビー大学選手権

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

ついに頂点を極める時が来た。明治大学最後の一戦は、関西リーグ覇者・天理大学と対戦。今回のテーマは1年間の目標にしてきた『EXCEED』を掲げた。すべては昨年度の準優勝を越え、決勝で勝つために。天王山の戦いに臨んだ。

前半は早々に先制を許す展開となるが、すぐに流れを引き寄せ12-5。後半は、FW(フォワード)が伝統の『前へ』を実践し、一時17点差まで広げた。

歓喜の雄たけびを挙げる選手たち

22-17で、最後はノックオンを誘いノーサイド。昨年度の悔しさを越え、22年ぶりの優勝を果たした。

決勝にふさわしい白熱した試合となった。今年度、1勝もしていなかった天理大に対し、「1年間積み上げてきたものをぶつけようと思った」(SH/スクラムハーフ福田健太主将・法4=茗溪学園)と意気込んだ。

前半開始早々、自陣での天理大ボールラインアウトから先制を許した。準決勝と同じ展開に不穏な空気となったが、「ある意味明治らしいラグビーだった」(WTB/ウイング高橋汰地・政経4=常翔学園)。冷静さを失うことはなかった。

すると、前半7分。FB(フルバック)山沢京平(政経2=深谷)の大外へのロングパスを受け取ったWTB山崎洋之(法2=筑紫)がインゴール右隅にグラウンディング。5-5の同点に追いついた。

高橋汰の勝ち越しトライ

さらに、迎えた22分、敵陣22mライン付近でのラインアウトをキープ。福田健が前方にスペースを作り出すと、背後から走り込んだ高橋汰がトライを挙げ12-5とした。「準備してきたプレー。練習通りにトライできた」(高橋汰)。

その後は、天理大に自陣深くまで攻め込まれる場面もあったが、得点を許さず。終始明治ペースとなり前半を12-5で折り返した。

後半は、FWが伝統の『前へ』を実践する。前半12分、敵陣10mライン付近でのマイボールスクラムで相手のペナルティを誘い、PG(ペナルティゴール)を選択。FB(フルバック)山沢京平が決め、15-5と突き放した。

続く後半21分、またも敵陣22mライン付近でのマイボールスクラムからゴール前まで前進した。FW陣のピックアンドゴーを重ね、最後はHO(フッカー)武井日向(商3=国学院栃木)がゴール中央にトライ。

「少しでも前に出ようと思っていた」(武井)。これで22-5と、17点差まで広げた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧