人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年1月7日

明治、早稲田にリベンジ。22年ぶりの頂点へあと1つ。ラグビー大学選手権

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

大阪で激闘の準々決勝を勝ち抜き、明治大学は秩父宮に戻ってきた。準決勝の相手は、12月の対抗戦で27-31の僅差で敗北を喫した早稲田大学。チームのテーマ"revenge"を掲げ永遠のライバルを迎え撃った。

31-27。くしくも対抗戦と同じスコアで、早稲田に雪辱を果たした。開始早々に先制こそ許したが、17-13とリードして前半を終了。後半は互いに2トライ2ゴールと点差は動かずノーサイド。2年連続の決勝進出を決めた。

出鼻をくじかれても動じなかった。先制を許したのは試合開始からわずか45秒。FB(フルバック)山沢京平(政経2=深谷)のキックに、相手FB河瀬諒介(早稲田)がチャージ。

そのままインゴールに持ち込まれトライを献上した。しかし「誰も焦っていなかった」(FL/フランカー井上遼・政経4=報徳学園)。

3-10で迎えた前半23分。自陣深くに蹴りこまれたボールをWTB(ウイング)高橋汰地(政経4=常翔学園)がキャッチ。すると持ち味のステップとスピードで敵陣を貫いた。

自陣22mラインから敵ゴール前までビックゲイン。チャンスをつくると右へ展開。

ボールを受け取ったWTB山崎洋之(法2=筑紫)が空いたスペースを突きトライ。「一人一人が前に出られて、良い攻撃のリズムを生み出せた」(高橋汰)。

逆転トライを挙げた射場

37分にはSH(スクラムハーフ)福田健太主将(法4=茗渓学園)のハイパントに反応し、明治の選手がたたみかけターンオーバー。

そこからすぐにBK(バックス)で展開すると、最後はCTB(センター)射場大輔(政経3=常翔学園)が4人からタックルを受けながらも縦へと切り込みトライ。

「ギャップができていて、思い切り走り込んだら突破できた」(射場)。風下であったが前半を17-13とリードして終えた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧