人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年12月25日

明治大学、リーグ戦王者・東海大学を破りベスト4へ。ラグビー全国大学選手権

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

歓喜に沸く選手たち

悲願の日本一へまた一歩前進した。全国大学選手権準々決勝の相手は関東リーグ戦を1位で通過した東海大学。ラインアウトモールと留学生選手のアタックを主体とする強豪だ。

掲げたテーマは〝Physical fight〟。「正面から勝負して相手を止める」(PR/プロップ安昌豪・営3=大阪朝鮮)ことを徹底し、高いフィジカルを持つ東海大に真正面から勝負をかけた。

立ち上がりは攻め込まれた。東海大のアタックに密集でペナルティーを犯し、先制PG(ペナルティゴール)を許す。得意のスクラムでも優位に立てず、東海大に主導権を握られたかに思われた。

しかし、15分に相手キックをSH(スクラムハーフ)福田健太主将(法4=茗溪学園)がチャージし、チャンスを広げる。その後、

FW(フォワード)のアタックで前進し、最後は安がゴールポストにボールをぶつけトライを取り切った。

33分には相手のキックを受けたFB(フルバック)山沢京平(政経2=深谷)はすぐさまカウンターに転じる。相手ディフェンス4人を抜きさり、WTB(ウイング)山埼洋之(法3=筑紫)のトライにつなげた。

このトライでスコアは12-3。前半は相手の得点をPGの1つのみに抑え込んだ。「キックを主体にブレークダウンでも優位に立てて良い時間帯だった」(NO8/ナンバーエイト坂和樹・政経3=明大中野八王子)。

好調の前半から一転。後半は東海大のFW中心のアタックに厳しい展開を強いられた。23分にトライを許すと、29分には東海大の『おはこ』であるラインアウトモールからのトライを決められ、15-15の同点に追い上げられてしまう。

しかし、「必ず取れるという意識は変わらなかった」(坂)。直後のキックオフから敵陣でのプレーを継続。FWのピックアンドゴーやBK(バッククス)の連続攻撃でペナルティをもぎ取った。

その後、山沢がPGを決め、勝ち越しに成功。最終的に18-15で試合終了となった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ