人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年12月14日

明治大学、悲願の大学日本一へ勝負の冬。ラグビー大学選手権

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

悲願の大学日本一へ、勝負の冬を迎える。対抗戦最終戦、伝統の〝明早戦〟に敗れ、5勝2敗の3位に沈んだ明治大学。

同率で並んだ慶應義塾大学と直接対決で敗れているため、4位扱いで全国大学選手権へ進むこととなった。

初戦の相手は関西大学リーグ2位の立命館大学。負ければ後がない一戦は、12月16日(日)キンチョウスタジアムにて行われる。

3年ぶりの対抗戦優勝を懸けて臨んだ早稲田大学戦は、終始ビハインドを負う試合展開となった。

試合が動いたのは開始からわずか3分。FB(フルバック)河瀬諒介(早稲田)に先制トライを許す。

さらに、30分にはSO(スタンドオフ)岸岡智樹(早稲田)のラインブレイクから、NO8(ナンバーエイト)丸尾崇真(早稲田)につなぎグラウンディング。連続でトライを献上し、早稲田大学に先行を許した。

一方の明治は「前半は堅く」(田中澄憲監督)というプラン通りに試合を進めた。ゴール前での相手ペナルティでは、手堅くショットを選択。

SO松尾将太郎(商4=東福岡)がしっかりと2本のPG(ペナルティゴール)を沈め、着々と点差を詰めた。

インゴールに飛び込む高橋汰

さらに34分にWTB(ウイング)高橋汰地(政経4=常翔学園)がトライを挙げるなど、大きな点差が開くことなく13-17で前半終了。取っては取り返す拮抗した試合展開となった。

しかし、後半も先手を打ったのは早稲田だった。14分にCTB(センター)中野将伍(早稲田)がインゴール中央へトライ。

さらに19分にも中野にディフェンスのギャップを突かれ、トライを奪われる。「自分たちのミスが多く、そこから失点してしまった」(松尾)。後半20分で一気に18点差まで広がり、苦しい状況に追い込まれた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧