人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年12月3日

東芝が入替戦を回避。トップリーグ初参戦の日野は正念場へ。

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

○東芝48-26日野
○トップリーグ9~16位決定トーナメント1回戦(12月2日、埼玉・熊谷)
○相手シンビンの10分間で3トライ。形勢逆転の東芝が入替戦行きを回避した。

東芝vs.日野

負ければ入替戦行きが決定する下位トーナメント1回戦。東芝のSH小川高廣ゲーム主将のコメントが、両軍の置かれた状況を表していた。

「試合前から“負けたら入替戦”というプレッシャーもありました。リラックスしている選手もいましたが、そういう選手を見ても、逆に不安になってしまって。『大丈夫かな』と」

昨季6位の東芝は、2勝5敗でホワイトカンファレンスを6位通過した。

日本代表主将として今秋の全4試合にフル出場したリーチマイケル、三上正貴もスタメンで起用。「ベストメンバー」(東芝・瀬川智広監督)で、順位に直結する大一番に臨んだ。

トップリーグ初参戦の日野は、開幕戦で宗像サニックスから歴史的1勝を挙げてからは黒星が続き、1勝6敗でレッドカンファレンスを7位通過。

日野にとっては、勝てばチーム史上初の“トップリーグ残留”が決まる一番。指揮官の細谷直監督も意気込んでいた。

「どちらがこの試合に懸ける意気込みを出せるか、その差が出る、ということで臨んだ試合でした」

序盤は一方的な展開となった。東芝が開始20分間のほとんどを相手陣で過ごし、猛攻を浴びせ続けたのだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧