人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年11月30日

早稲田、94回目の早明戦に8年ぶりの優勝を賭ける。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

伝統の一戦『早明戦』。今回で実に94回目を迎える。現在、関東大学対抗戦は帝京大学、早稲田大学、明治大学の3校に優勝の可能性がある。

この早明戦で勝てば、早大は8年ぶりとなる対抗戦優勝の栄冠を勝ち取ることができる。今季は往年の黄金時代を彷彿とさせる戦力が揃う両校。『タテのメイジ』、『ヨコのワセダ』どちらが勝るか。

安定したセットプレーをアタックの起点したい

勝敗のカギを握るのはやはりFW戦だ。ブレイクダウンでどちらが優勢になるか、セットプレーではどちらが優勢に立つか。この2点が試合を大きく左右する。

今季はモールからのアタックを強みとする早大FW(フォワード)陣だが、強豪校との対戦では、FW戦で後手に回ることが多い。6月に行われた春の早明戦ではスクラムを押し込まれ、5-29と力負け。

対抗戦の帝京大戦でも、ブレイクダウンを制圧された結果、ディフェンスラインの形成が遅れたり、規律が乱れて失点につながったケースが多く見られた。両チームともBK(バックス)陣は強力なだけに、そのBKを生かすためにはFWの奮闘が欠かせない。

対する明大は『EXCEED』とスローガンを設定し、新チームを始動させた。伝統の重戦車FWが復活。安定したセットプレーを起点に得点を重ねている。

特にスクラムでは各世代で代表に選出されているPR(プロップ)祝原涼介を中心に絶対の強さを誇る。帝京大戦ではスクラムを制圧し、トライを演出した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧