人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年11月27日

立命館、関学との対決を制し関西2位で大学選手権へ。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 立命スポーツ編集局
  • Line

ラインアウトからの展開が光った

リーグ最終節。対するのは、4勝2敗と立命館と肩を並べる関西学院大学。勝ったほうが全国出場を手にするだけあって両校譲れない一戦。立命館大学が見事勝利を掴み、全国への切符を手にし、全国ベスト8への道を歩み始めた。

この試合ではラインアウトからのチャンスメイクが目立った。前半から攻めていきたい立命館は、6分にラインアウトからFW(フォワード)とBK(バックス)の巧みな連携でLO(ロック)の小島佑太(4年、洛北)が先制トライ。

それに続く形で、13分にはパスをうまく繋ぎ、FB(フルバック)山本貫太(4年、常翔学園)がディフェンスラインを破りトライ。12-0とリードする。

勢いに乗ったと思われたが、その後は自陣に攻めこまられる。取ったら取り返されるような均衡した展開となり、立命館リードの17-12で前半を終えた。

2トライを決めた礒田

「後半はもっとアグレッシブに行こうと思った」と主将のFL(フランカー)古川聖人(4年、東福岡)が試合後振り返ったように、後半開始直後から積極的にパスをワイドに展開。

得意のセットプレーから、CTB(センター)礒田凌平(4年、京都成章)がキックパスを受け、トライを決める。8分にはモールからFL宮下大輝(1年、報徳学園)がすぐさま飛び出しトライ。

23分にも宮下が飛び出し、宮下からパスを受けた磯田が再びトライ。コンバージョンキックも決まり、38-12。勝負はついたかのように見えた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ