人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年11月26日

早稲田、優勝へあと1つ!早慶戦はディフェンスで粘り勝ち。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

今年で95回目を迎えた早慶戦。ここまでともに4勝1敗。関東大学対抗戦の優勝を目指す両校にとって絶対に負けられない一戦だ。

早稲田大学はSO(スタンドオフ)岸岡智樹(教3=大阪・東海大仰星)のロングキックを中心とした巧みなゲームメイクと、帝京大学戦から修正したディフェンスでプレッシャーをかけ続け、慶應義塾大学に攻撃のリズムを作らせない。

しかし、早大も黒黄のカベがなかなか打ち崩せず、我慢の時間が続く。FB(フルバック)河瀬諒介(スポ1=大阪・東海大仰星)ら自慢のBK(バックス)陣が躍動し、リードを奪うと、終盤の慶大の猛攻を振り切った。21-14。伝統の一戦は今年もロースコアの接戦となった。

慶大のキックオフで始まった前半。「想定以上にプレッシャーをかけられた」(相良南海夫監督、平4政経卒=東京・早大学院)というように早大は自陣に攻め入られながらも、ラインアウトのディフェンスで慶大の攻撃の芽を摘んでいく。

DG成功で祝福を受ける岸岡

試合は一進一退の様相を呈したが、早大は思わぬ形で先制に成功する。前半24分、慶大のドロップアウトからハーフウェイライン手前でボールを受けた岸岡がDG(ドロップゴール)を選択。

「賭けでした」(岸岡)。勢いよく蹴り出された楕円球がポールの中央に吸い込まれると、秩父宮はどよめきに包まれた。

これで勢いに乗った早大は、29分に素早いカウンターアタックから相手のハンドを誘発、左ゴール前ラインアウトからモールで押し込みトライを決める。

さらには前半終了間際、ゴール正面からのPG(ペナルティゴール)をSH(スクラムハーフ)齋藤直人(スポ3=神奈川・桐蔭学園)が確実に決めて、スコアは11-0。ボールの支配率はほぼ互角ながら、慶大を無得点に抑えて試合を折り返した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧