人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年11月17日

立命館、「黒」の関西王者・天理と激突。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 立命スポーツ編集局
  • Line

トライ後、選手たちに囲まれる木田

関西王者との対決。関西大学ラグビー第6節、ついに立命館大学は天理大学と対峙する。

大学選手権の出場をかけ熾烈な戦いを繰り広げる関西リーグ。選手権出場の切符は3枚。現在、全勝の天理大が一歩リードし、1敗の関学大、京産大、立命館が続く。大学選手権の切符を手にする3校は一体どこになるだろうか。

現在5戦連勝中、3連覇を目指す「黒」の強豪天理大に、立命館は一矢を報いることができるのか。特に注目される選手は、大きな身体と高い身体能力を持つ外国人留学生だ。

LO(ロッカー)のアシペリ・モアラ(1年、日本航空石川)やCTB(センターバック)のシオサイア・フィフィタ(2年、日本航空石川)はともに100キロを超える大きな体を武器にトライを奪う。

しかし、怖いのは外国人留学生だけでない。SO(スタンドオフ)の松永拓朗(2年、大産大付属)は現在得点ランキング、ゴール数ランキングと2部門で1位に輝く。

正確なキックでゴールを狙う。さらに、FL(フランカー)岡山仙治(3年、石見智翠館)やSH(スクラムハーフ)藤原忍(2年、日本航空石川)など、日本代表の経験を持つ選手も多くいる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ