人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年11月17日

京都産業大学、大学選手権への大一番、関西学院と1敗同士の対決。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 京産大アスレチック
  • Line

4勝1敗で京都産業大学、関西学院大学、立命館大学の3つが同率で並ぶ。次節、その2校が顔を合わせる。1つも負けは許されない。京産大対関学大。

昨季、このカードでは劇的な試合を展開し、感動を与えた。後半残り1分で12点のリードを許していた。どんよりしたムードが会場にただようなか、後半40分、ラインアウトからモールで押し込み宮崎達也(4年=伏見工業)がトライを決めた。

ゴール成功で5点差につめ寄ると、この時点でロスタイム4分。次のプレーでパスを受けた濱田将暉(4年=京都成章)が快足を見せつけ、ディフェンスを次々に交わす。インゴールに飛び込んだ。

「フェイントをかけるより、まっすぐ走ったほうがいい」(濱田)。思いを乗せて一直線に駆け抜けた。ここで同点とすると、キック成功で逆転。ロスタイムで試合をひっくり返し、ドラマを魅せた。

セットプレーの精度をあげたいところ

関学大は組織的なディフェンスを武器としており、それ攻略し得点を挙げることがポイントになってくる。前半から流れを自分たちのものにし、積極的な攻撃を魅せたいところだ。

また、今季は同志社大学戦、関西大学戦ともに後半で逆転勝ちを挙げており、後半でのスタミナも強み。京産大もひたむきに戦い続けることが鍵になるだろう。

関学大FW(フォワード)陣ではフィジカルに定評があり、突破力が持ち味のLO(ロック)杉原立樹(3年=尾道)に気をつけたい。

タレント揃いのBK(バックス)陣からは7人制日本代表にも選ばれたスピードスター・WTB(ウィング)の中孝祐(3年=東海大仰星)も脅威。ぜひともここは守り抜きたいところだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ