人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年11月15日

古川聖人、ジャパンの経験を胸に「攻撃的ディフェンスで頂点へ」。立命館大学ラグビー部

ラグビーレポート by 立命スポーツ編集局
  • Line

「相手どうこうというより、自分達のやってきた攻撃的なディフェンスを100%出し切れば、自ずと結果はついてくると思います」。

終始、試合時と変わらぬ凛とした表情でインタビューに応じてくれたのは、立命館大学ラグビー部主将・古川聖人(まさと、4年、福岡・東福岡高)。

父はクラブチームの監督を務め、兄はそこで選手として活躍。ラグビー一家に生まれた古川は、3歳の時にラグビーを始める。

「父と兄の影響でよくグラウンドに足を運んでいて、気が付いたら自分もラグビーに夢中になっていました」と古川。兄の背中を追いかけ、高校はラグビーの名門、東福岡高校へ入学。

高校3年時に主将を務め、春には全国高校選抜大会で2年ぶりに優勝、全国高校ラグビーフットボール大会においては3年ぶりの日本一を収め、この上ないシーズンを送った。進路先が注目され、他大学からのオファーも数多くあった。

「藤田先生(現・東福岡高ラグビー部監督)が熱心に自分に合った環境を探してくれました。その中で施設が充実していること、一人暮らしができることで立命館を選びました」。

豊かな自然、広々としたグラウンド、充実したトレーニングルームこれらに加え、そこまで身体が大きいほうではない古川にとって管理栄養士のサポートを受けられることも魅力的な条件だった。

高校時代から自主性を重んじてきた彼にとって、親元を離れ自分自身と向き合い、思う存分ラグビーに打ち込める場所、それが立命館だった。

1年生時からメンバーに選ばれ、2年生時にアジアチャンピオンシップで日本代表に選出。さらにその年U20日本代表にも選ばれ、主将として活躍した。

例年に比べ、チームとして帯同する時間が短かったものの、その中で「チーム一丸となるために、自分から積極的にコミュニケーションをとっていくようにしました」と、巧みなリーダーシップを発揮した。

ジャパンで得た教訓は、立命館主将として、一人のラグビー人として大きな財産と語る古川。

「声の面でもそうですが、特にプレーで引っ張って行くことが今後戦っていく中で大切な要素だと思いました。自分のプレーの特徴である低いタックルが通用したと感じましたし、これからのプレースタイルとしていくところはそこだと再確認できました」。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ