人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年11月14日

主務・田中陽太郎、仲間とともに駆け抜けるラストシーズン。慶應義塾大学ラグビー部

ラグビーレポート by 慶應スポーツ新聞会
  • Line

慶大蹴球部にはこの男の存在が欠かせない

田中陽太郎(経4・慶應)主務の1日は長い。早朝5時30分には起床し、その15分後には部室へ。彼の1日の始まりだ。

午前中からたくさんの仕事に追われ、現在では自由時間も主務としての仕事のために費やすこともあるという。その内容は多岐にわたる。

例えば、選手の試合のタイムキープ、試合で忙しいシーズン中はお客様からのチケットの注文の処理をすることなどがあげられる。

また、田中主務は「部室の中にいるだけでは選手のことは分からない」と考え、最近では午後にはグラウンドに出て、選手の様子を見ることも始めた。そして、選手の練習が終わった後も、メールの確認などの作業を行う。

このように、たくさんの仕事をこなす田中主務であったが、ここまでできるのはたくさんの学生スタッフ陣はもちろん、選手、さらにはOBの支えがあったからだという。まさに、「慶應」というチームが一丸となって戦っている姿があった。

主務として、ここまで多くの仕事をこなす田中主務であるが、慶大ラグビー部には元々プレイヤーとして入部した。

そんな彼は、SO古田京(医4・慶應)主将や、LO辻雄康(文4・慶應)副主将らと同じ花園世代。当然、プレイヤーとして黒黄のジャージを着てプレイすることを夢見ていたに違いない。

しかし、彼は主務としてグラウンドの外で戦うことを決意した。そこまでに至る経緯にこそ、田中主務がどれほど選手たちからの信頼を集めているのかが表れている。

プレイヤーであった田中主務が、マネージャーになることが決まったのは、2年生の秋に同期の間で行われる投票だった。

「お前の顔を見てロッカールームを出て行きたい」。推薦の理由にはそのように書かれていたものもあったという。

しかし、当時はまだまだプレイヤーとして成長真っ只中。当然、すんなりプレイヤーを諦められるわけもなく、しばらくはプレイヤーを続けながら、マネージャーの仕事を行うという二足の草鞋を履いた。

「同期が活躍している試合が多くて、見ているだけというのは何もできないので歯痒い感じはあります」。今でもグラウンドに立ちたいという思いは拭いきれない。田中主務はその思いを率直に打ち明けた。

しかし、そのような思いを抱えながらも、選手を第一に考えられる田中主務だからこそ、同期からの厚い信頼を集めたのだろう。それが垣間見えたエピソードがある。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧