人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年11月9日

京都産業大学、開幕5連勝を目指し立命館と対戦。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 京産大アスレチック
  • Line

京都産業大学は開幕から4連勝。天理大学、関西学院大学と並んで同率首位の座に立ち、リーグ戦を折り返す。赤紺軍団、主将・上田克希(4年=東海大仰星)率いる「上田組」の軌跡を振り返る。

台風接近による試合の延期、会場の変更。まさかの展開でイレギュラー続きだったが彼らは動じなかった。10月7日、布引グリーンスタジアム、初戦の同志社大学戦は大接戦。

23-28の5点ビハインドで迎えた後半39分。京産大ボールのラインアウトからモールを形成する。モールが崩れたあとも何度も果敢にアタックし続け、武田知大(4年=尾道)がディフェンスを突き破る。

気迫のこもった同点トライ。そして栢本光(3年=天理)のゴール成功で逆転。攻め込む同大を必死のディフェンスで守り抜き、ドラマのような展開で勝利を飾った。

順延により、2週連続の試合となった2戦目の相手は関西大学。前半、取られて取っての繰り返しで後手を踏んでしまう。

思うように試合を展開できず苦戦するも、1年生SH(スクラムハーフ)廣田瞬(天理)の猛攻やLO(ロック)上田のトライなどで巻き返す。38-15で2勝目。

2週間の間隔を経て、次に迎えたのはAリーグ復帰を果たした大阪体育大学。FW(フォワード)を強みとしているヘラクレス軍団だ。

FWで熱き戦いが繰り広げられていたと同時に、初先発起用のSO(スタンドオフ)中村悠人(3年=東海大福岡)やWTB(ウィング)笹岡海斗(1年=京都成章)が躍進し、大量得点。76-15とし、60点差での3連勝した。

4試合目に顔を合わせたのは、昨季わずか4点差で勝利を飾った近畿大学。立ち上がり、先制を許し流れを掴まれた。

7点ビハインドで迎えた後半開始直後、ニコラス・ホフア(2年=札幌山の手)のインターセプトからのトライで一気に波を引き寄せると、山内凌雅(3年=関大北陽)や田畑凌(4年=報徳学園)のトライで流れをものに。

HO(フッカー)宮崎達也(4年=伏見工業)がとどめのトライを挙げ、48-29でノーサイド。4連勝でリーグ戦を折り返した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ