人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年11月6日

京都産業大学、近大に苦戦も開幕4連勝。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 京産大アスレチック
  • Line

開幕戦から1カ月。依然、同率首位をひた走る赤紺戦士。彼らに立ち向かったのは地元ファンの熱い声援を背に、堂々たるプレーを広げるブルーの精鋭・近畿大学。

勝って勢いに乗りたい京都産業大学だったが、試合開始直後から苦戦を強いられた。敵陣に攻め込むも、ゴールライン直前でペナルティを取られ相手ボールに。

スクラムもなかなか決まらない。前半19分、自陣ゴール付近でオフサイドを取られ、近大がPG(ペナルティゴール)を選択。先制を許してしまう。

それでも直後の23分、ゴール前5mのマイボールラインアウトからモールで押し込み、NO8(ナンバーエイト)フェインガ・ファカイ(3年=日本航空石川)が押さえる。31分にも左中間ラックから持ち出しトライ。この男の2つのトライで、10-3と7点差を付けた。

だが、近大も黙ってはいなかった。35分に中央にトライを決め、ゴール成功。同点とされると、ロスタイムにもラインアウトからモールで押し込まれトライを許す。

ゴール成功で、今度は京産大が10-17と7点差をつけられ、近大の勢いに飲まれたかのように思われた。勝負の行方は後半戦へ。

マン・オブ・ザ・マッチを獲得したニコラス

「『京産大らしさ』を出していこう」―。ハーフタイム、大西健監督がフィフティーンに声をかける。

チーム内でも、「自分たちの強みをしっかり見直していこう」と皆が声をあげた。7点ビハインドも残り40分。「出し切れていない部分」がある。後半戦、京産大のキックオフは反撃開始の合図だった。

後半2分、自陣22mラインで近大ボールを、ニコラス・ホフア(2年=札幌山の手)がインターセプト。観衆の視線を一身に受け、グラウンドを切り裂くように駆け抜けた。

誰にも止められることなく、ど真ん中へのトライ。ふっと髪をかき上げクールに決める。そのトライから京産大が流れを一気に引き寄せた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ