人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年10月26日

大東文化、課題を残しつつも4連勝、次戦は法政のバックスを抑え込めるか。ラグビー関東大学リーグ戦

ラグビーレポート by スポーツ大東編集部
  • Line
9月16日に開幕した関東大学ラグビーリーグ戦1部も、すでに4試合が経過した。2連覇を目指す大東文化大学は、10月21日に中央大学と対戦。81-17と大差での勝利を収め、リーグ戦4連勝を飾った。

チームをけん引するHO平田主将

大勝の一方で、課題が残る試合となった。前半開始早々にWTB(ウィング)朝倉健裕(スポ科1=御所実業)のノーホイッスルトライで先制したものの、直後中央にトライを許し、同点に追いつかれる。

HO(フッカー)平田快笙主将(環境4=大東大一)も「怠慢になってしまった」と反省したように、この『試合の入り』という課題は今後、強豪との対戦を前に改善が必要だ。

もう一つは、終了間際の失点。後半39分、自陣で中央にラインアウトモールを組まれると、数メートル押されたところで逆目に展開され、3トライ目を喫してしまう。

直前まで敵陣でプレーしながらもペナルティを犯してしまい、ボールが相手に渡り失点につながった。選手が多く入れ替わっていたとはいえ、最後のピンチで失点を防げるかどうかは、接戦をものにするためのカギとなる。

課題が残った一方で、個々の活躍も光った。この試合で13トライ中10トライを挙げたBK(バックス)の中でも、特にFB(フルバック)の鈴木匠(スポ科2=札幌山の手)に注目してみたい。

ハットトリックの活躍を見せた鈴木

中央戦でハットトリックの活躍を見せた鈴木は、鋭いステップワークを持ち味とする。だが、この試合ではステップに加え体の強さを見せる場面が目立った。

まずは前半29分、中央のハイパントを自陣でキャッチした鈴木は、そのまま自分で仕掛け、中央のディフェンスラインをブレイク。そのままゲインすると、最後はSH(スクラムハーフ)南昂伸(社経1=御所実業)のトライにつながるラストパスを放った。

後半20分にも再び鈴木がラインブレイク。トライを防ごうと相手がタックルに迫るも、鈴木はそれを難なく弾き返し、トライゾーンに飛び込んだ。

「(これまでのリーグ戦で)まだ1個もトライがなかっただけに、トライ出来て良かった」と振り返った鈴木。朝倉と土橋永卓(環境4=秋田中央)を加えたバックスリーは、強力FW(フォワード)にも劣らない脅威となるはずだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ