人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年10月18日

崖っぷちの筑波大学、3連敗から大学選手権を目指す。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 筑波大学新聞
  • Line

早稲田大学、慶應義塾大学に敗北し、開幕から連敗スタートとなった筑波大学。10月7日、足利市総合運動公園陸上競技場で強豪・明治大学と対戦した。

前半から相手にリードを許し、後半立ち上がりには5点差まで迫ったものの、21-66で敗北した。

驚異のランニングを見せた河野

前半5分、相手がミスキックでボールをこぼすと、WTB(ウイング)河野友希(体専4年)が自陣からインゴールまで走り切り、筑波大が先制する。

その後もラインアウトなどで相手のミスが重なり、筑波大の攻撃が続く展開に。だが、要所でターンオーバーされて、追加のトライを奪えない。

前半21分、マイボールスクラムで明治大にターンオーバーされ、トライを奪われると流れが一変。幾度もスクラムで押されて、立て続けにトライを許し、前半を7-26で折り返した。

だが、後半に入って筑波大は息を吹き返し、猛攻を仕掛ける。SH(スクラムハーフ)杉山優平(体専3年)は「前半の点差はまだ追いつける点差だと思った」と振り返った。

後半開始早々、SO(スタンドオフ)島田悠平(体専3年)のハイパントをFB(フルバッック)仁熊秀斗(同2年)がうまくキャッチしてチャンスを作る。最後はラインアウトからモールで押し込み、トライを決めた。

その3分後には、素早いタックルでターンオーバーに成功。相手の守備が整う前にBK(バックス)がボールを回して、仁熊がトライを決めた。これで21-26と明治大を追い詰めたが、反撃もここまで。

後半7分、ノックオンで相手にスクラムを与えたのをきっかけに再び主導権を失った。

その後、明治大の「重戦車」スクラムに圧倒される展開が続いた。相手のFB山沢京平のキックにも苦しめられ、一向に流れを変えられず、21-66で完敗した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧