人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年10月12日

古豪復活に燃える同志社、関西王者・天理に挑む。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 同志社スポーツアトム編集局
  • Line

モールを組む同志社と天理(春季トーナメント)

10月14日(日)14時より天理親里グラウンド(奈良県)にて、関西大学Aリーグ第2節、同志社大学vs.天理大学が行われる。昨年の結果から2戦目にしてこの組み合わせとなり、序盤から注目の試合が続く。

過去5年の関西リーグでの対戦戦績は3勝2敗。2013年から2015年までは同志社が勝利し、2016年と2017年は天理が勝利。近年は天理に軍配が上がっている。

今年の春季トーナメントでは決勝戦で対決し、17-45で同志社が敗れている。スクラムでは互角に戦い、同志社が天理から反則を奪う場面もあるなどむしろ優勢に立つ時もあった。

しかし、自分たちのミスで得点のチャンスを逃した同志社が、確実なアタックを繰り返す天理に突き放される形となった。

天理は2012~14年に関西リーグ3連覇を果たしたが、翌2013年は関西6位、2014年は関西4位と苦節の年を味わった。這い上がった天理は今年、2度目の関西リーグ3連覇を狙う。

夏合宿では明治大学に勝利しており、全国10連覇を目指す帝京大学に対しては僅か2点差に迫った。開幕戦の大阪体育大学との試合では、100点以上の差をつけ快勝。関西王者の格を示している。

今年から外国人留学生の出場枠が3枠に増え、アタック、ディフェンスともに、さらに強さを増していく。注目はNO8(ナンバーエイト)ファウルア・マキシと、CTB(センター)シオサイア・フィフィタだ。

彼らの100kgを超える体格を生かしたアタックは最大の脅威だ。そして、王者・天理の司令塔であるSO(スタンドオフ)松永拓郎から繰り出される多彩なキックで攻撃の幅をさらに広げていく。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧