人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年10月9日

関西制覇を目指す立命館、近大に勝ち白星発進。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 立命スポーツ編集局
  • Line

ついに開幕した2018関西大学ラグビーAリーグ。初戦の近畿大学戦、立命館大学は白星を挙げた。全国ベスト8を目標にまずは関西制覇を目指す。

「プライドをかけた一戦」と今日の一戦を語った中林監督。春の悔しさに加え、昨日のジュニア、Cリーグ共に近大に負けている。この悔しさを晴らす結果となった。

前半から勢いに乗ったのは立命館だった。前半3分、近代のペナルティからラインアウトに成功した立命館は、お家芸とも言えるFW(フォワード)陣のモールで押し切り、NO8(ナンバーエイト)庄司拓馬(済2)がトライ。見事先制トライを決めた。

山口からのパスを受け、独走する平尾

「攻撃的なディフェンス」をチームの強みとしている今年のチーム。近大のタックルを阻み、攻撃の起点を作らせなかった。

さらに、今年の立命館の魅力と武器は、FWとBK(バックス)の息の合ったプレーだ。前半の28分、HO(フッカー)の山口達也(スポ4)が近大のFWをかわし、敵陣に攻め込む。

近大のFWが山口に引きつけられている間に、SH(スクラムハーフ)平尾剛士(スポ1)が飛び出し、パスを受けゴールラインに飛び込んだ。ここにSO(スタンドオフ)吉本匠(スポ3)の正確なキックが加わり、得点を量産。38-19で試合を終えた。

後半残り10分で近大のペースに持ち込まれるが、耐え切り勝利を掴んだ。「80分間試合を支配できるようになりたい」とさらに上を目指す中林監督。関西リーグを好発進した立命館に期待がかかる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧