人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年10月3日

慶應義塾、難敵・筑波を振り切り2連勝。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 慶應スポーツ新聞会
  • Line

前回の日本体育大学戦では、攻守において圧倒し、初戦を見事な勝利で飾った慶應義塾大学。筑波大学戦も勝利を収めて、連勝といきたいところだ。

筑波大のキックオフで、試合は始まった。慶大はそのボールをキャッチして、エリアを回復させようとキックを試みたが、相手のチャージに遭い、そのルーズボールを拾われて筑波大がトライ。試合開始早々、思わぬ形で失点してしまう。

この日、FBを務めた豊田

しかし、ここからは慶大の質の高いプレーが光った。WTB(ウィング)宮本瑛介(経4・慶應)のボールキャリーで敵陣に侵入。

その後、順調にフェーズを重ねると、インゴール前のラックからこの日マン・オブ・ザ・マッチに選出されたFL(フランカー)川合秀和(総3・國學院久我山)が相手のタックルを押し切り、トライ。SO(スタンドオフ)古田京(医4・慶應)がコンバージョンキックを決め、7-7と試合を振り出しに戻す。

11分、慶大は右サイドでのラインアウトからモールを形成。モールで押しこみ、最後はPR(プロップ)坂田(経4・慶應志木)がラックサイドを突き、グラウンディング。すぐさま逆転に成功する。

なおも攻撃は続き、SH(スクラムハーフ)江嵜真悟(商4・小倉)がハーフウェイライン付近から、22mライン付近までボールを運ぶゲインを見せる。

そこから、フェーズを重ねていくと、インゴール前のラックから江嵜が古田にパスを出すと、古田が相手ディフェンスのわずかな隙を走り抜き、トライ。

その後も慶大は攻撃の手を緩めることなく、23分には右サイドのラインアウトから左に展開すると、両チームによる激しいブレイクダウンの中、川合がボールをインゴールに押し込み、2つ目のトライを決めた。

前半の終盤に入り、筑波大に攻められる時間帯があったが、粘りのディフェンスで先制点以降、筑波大に得点を許さず、28-7で前半を折り返した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ