人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年9月28日

京都産業大学、20年ぶり関西制覇へ初戦は同志社戦。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 京産大アスレチック
  • Line

一昨年3位、昨年2位、今年は……。関西制覇、日本一を目標に掲げる赤紺軍団は、今季も『FW(フォワード)が前に出てBK(バックス)が応える』ラグビーで他を圧倒する。

昨年の関西リーグは6勝1敗で準優勝。全勝対決で迎えた第6節・天理大戦は7-45と完敗を喫し、優勝を逃した。

大学選手権では法政大学に逆転勝利を収め、強さを発揮した。準々決勝では、2年連続明治大学撃破と4強入りを目論んだが、PG(ペナルティゴール)の差に泣いた。

研究を重ねたラインアウトでマイボールにする上田主将

今年こそは全国の頂点へ。その意思表示の一つが2015年ワールドカップ日本代表・伊藤鐘史氏のコーチ招へいだ。元日本代表の目からラインアウトの分析を重ね、より戦略的、理論的なプレーを確立。成功率も90%近くまで上がりセットプレーの強化を図った。

一昨年、昨年と連覇を果たしてきた関西大学ラグビー春季トーナメント。近畿大学を迎えた1回戦はCTB(センター)ヴァカラヒ・ジェイミー(日体大荏原)ら、1年生4人をスタメンが起用された。

チームに合流してから日は長くないが、上級生たちとうまく連携を取り、期待に応えた。中でも輝きを見せたのはSH(スクラムハーフ)の廣田瞬(天理)だ。正確なパスワークでボールを供給し、チームに勢いをもたらした。

準決勝の同志社大学戦、前半はWTB(ウィング)濱田将暉(4年・京都成章)が2トライを挙げ、12-14と接戦を繰り広げた。しかし、その後は追加点を挙げることができず、大きく突き放されて12-42でノーサイド。決勝に駒を進めることはできなかった。

試合後、上田克希主将(4年・東海大仰星)は「(自分たちの)強みを強みにできていなかった」と振り返り、「FWが前に出る意識をしっかり持たないといけない」と気を引き締めた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ