人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年6月25日

第3戦で一矢報いたイングランド。2勝1敗の南アフリカは2019年へ期待膨らむ。

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line
南アフリカvs.イングランド

南アフリカを舞台に行われたテストマッチシリーズ「南アフリカ代表×イングランド代表」の3連戦は、6月23日(土)にケープタウンで行われた第3テストをもって幕を閉じた。

今シリーズで評価を高めたのは、2勝1敗で勝ち越した南アだろう。

南アは今年3月にヨハン“ラシー”・エラスマスHC(ヘッドコーチ)が新指揮官となり、最初のウィンドウマンス(国際交流期間)で復活を大きくアピールした。

先発7人が初キャップを飾ったワシントンD.C.(アメリカ)でのウェールズ戦こそ惜敗(20-22)したが、母国へ戻り、迎えたイングランドとの初戦は42-39で逆転勝利。

迎えた第2テストも、「スプリングボクス」こと南ア代表の復権を願う国民へ勝利を届けた。

第2テストを振り返ると、イングランドはニュージーランド生まれのFW第3列、ブラッド・シールズが代表初先発。

一方、ホームの南アは、黒人初のスプリングボクス主将となったFLシヤ・コリシがこの日27歳の誕生日で、「ビースト」ことPRテンダイ・ムタワリラが100キャップ到達。

メモリアルマッチを勝利で飾りたい南アだったが、この日も初戦と同様スロースターターだった。

イングランドは前半10、13分にエリア両サイドを破って連続トライ。強力FWを避けてフィニッシュする形で12点をリードした。

しかしここから南アが逆転劇。

前半24分、PRムタワリラが突破で相手DFラインを乱し、NO8デュアン・フェルミューレンがフィニッシュ。

前半29分、39分にはSOハンドレ・ポラードのショット成功で、前半を1点リード(13-12)で折り返した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ