人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年5月17日

初優勝を目指す全勝の明治、リベンジの慶應義塾戦。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

初優勝へ突き進む。ここまで春季大会全勝と勢いに乗っている明治大学。

現在、Aグループの6チームで唯一無敗を維持し、勝ち点17で首位に立っている。第4戦は、昨年の対抗戦で敗れた慶應と激突。伝統の一戦は5月20日(日)、石巻市総合運動公園にて行われる。

前節の流通経済大学戦では、61-14と大差で勝利。勝因の一つとして挙げられるのは、安定したディフェンスだ。

重戦車を率いる井上

前半は失点を0に抑えるなど、相手の攻撃をシャットアウト。FL(フランカー)井上遼(政経4=報徳学園)は「ボールポゼッションを高く保てていた」と振り返った。

相手にボールが渡っても、自陣深くまでは持ち込ませず。高い位置でボールを奪取するシーンが多く見られた。後半に入り、2トライを奪われたが、80分間を通してディフェンスが安定。

「前に出て、よくディフェンスできていた」とSH(スクラムハーフ)福田健太主将(法4=茗渓学園)。未然にピンチの芽を摘み、反撃のスキを与えなかった。

悪天候をものともしなかった。試合中は終始雨が降り続き、インゴールに水たまりができるなど、グラウンドコンディションは最悪だった。そのような状況で徹底したのは「FW(フォワード)戦で圧倒する」(井上)こと。

その言葉の通り、9トライのうち3トライはFWによるもの。前半29分には敵陣左でのマイボールラインアウトからモールを形成。10m近くを一気に押し込みトライを挙げた。

さらに、後半9分、39分には敵陣深くでラックを連取。フェーズを重ね、そのままインゴールに持ち込んだ。

また、スクラムでも優勢に立ち、何度も相手の反則を誘発。相手ボールスクラムでターンオーバーする場面も見られ、相手に流れを渡さなかった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ