人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2021年10月11日

2021年WRC第11戦ラリー・オブ・スペイン “今年はターマックで”

Mr.フクイのものしり長者 de WRC ! by 福井 敏雄
  • Line
現在ランキングTOPのS.オジェ。

現在ランキングTOPのS.オジェ。

56th Rally RACC Catalunya-Costa Daurada,Rally de Espana 2021と言う長い名前のラリーは元来2つのラリーが合体したもので1991年にWRC参入当時はターマックとグラベルのミックスでした。ミックスラリーは参加者の負担が大きいため、FIAのラリー合理化方針によりターマックに統一されましたが、一方でラリーを面白くするため2010年からミックスが復活されました。しかし今回はコロナ禍にあってチーム体制を身軽にするため今年はターマック一本にされています。スペインのターマックは道幅が広く路面の状況がスムーズなので平均速度が高くコルシカと比べると状況が全く異なります。地中海地方は通常天候が安定しているものの季節の変わり目には不安定になることがあり、シーズン終盤の各車せめぎ合いで波乱が起きる可能性があります。

J SPORTS 放送情報

第10戦フィンランド終了時点の上位リーダーボードは、
オジェ:190pt、エバンス:166pt、ヌーヴィル130pt、ロバンペラ129pt、タナク:128ptとなっています。今年フル参戦の勝田選手は7位で68ptです。健闘していると思いますが初のフル参戦でポディウム、クラッシュ、コ・ドラの変更など様々なことを経験中です。よく頑張っていると思います。

メーカーポイントではトヨタ:441pt、ヒュンダイ:378pt、フォード:171ptとなっています。この状態で最終の2戦を戦うわけですが、トヨタはリタイア無しで安全運転、ヒュンダイは多少リスクを冒しても全開運転ということになります。ヒュンダイは地元のソルドの大活躍を期待していることでしょう。

来シーズンのトヨタチームのドライバー体制が明らかになりました。オジェは引退でなくトヨタチームに残り新型車の開発に協力するとともに3台目のラリーカーをラッピと交代でドライブすることになったようで、誰がどのラリーに出場するかはまだ決まっていません。エバンスとロバンペラが通年ドライバーになります。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ