人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2021年4月28日

SUPER GT第2戦プレビュー|ホンダNSX-GT、ニッサンGT-Rの逆襲はあるのか、富士500kmにおいて

SUPER GT by 秦 直之
  • Line

ニッサン勢は開幕戦での悔しさを晴らすことができるのか!?

岡山国際サーキットが舞台となったSUPER GTの開幕戦では、何より大嶋和也/山下健太組のENEOS X PRIME GR Supraと、関口雄飛/坪井翔組のau TOM’S GR Supraによる、終盤のトップ争いが最高の見せ場となっていた。山下と坪井がチームこそ違うが、同じメーカー同士で繰り広げたバトルは「そこまでやるか!」と感じさせるもので、まさに一瞬即発。ただ、そこにはドライバー同士の信頼があったからできたものであり、改めてプロのすごさを感じさせた。

山下と坪井の手に汗握るバトルは開幕からファンを熱くさせた。

第2戦の舞台は富士スピードウェイ。そして、第3ドライバーの起用が可能な500kmレースとして開催される。もはや誰も想像すらしなかったような、ドラマティックな展開になるSUPER GTである。何が起ころうとも不思議ではない!

開幕戦で圧倒的な速さ、強さを見せたGRスープラ

第1戦でPPを獲得したKeePer TOM’S GR Supra。

開幕戦の予選でポールポジションを獲得したのは、KeePer TOM’S GR Supra。確実に行こうということで、平川亮がQ1を担当し、トップにつけたのはシナリオどおり。が、まさか阪口晴南もQ2トップで、ポール獲得は予想していなかったのでは? ご存知のとおり、渡航制限により、来日できずにいるサッシャ・フェネストラズの代役として起用された阪口である。もちろん2回のテストは走行しているとはいえ……。

「Q1を平川選手がトップで終えられたので、緊張感が一気に高まりましたが、直前まで平川選手がアドバイスしてくれたおかげです」と、阪口が先輩を立てる気配りも見事ではあった。

J SPORTS オンデマンド番組情報

しかし、それ以上の驚きはGRスープラ勢が、上位を独占したことだった。2番手は大嶋/山下組のENEOS X PRIME GR Supraで、3番手が関口/坪井組のau TOM’S GR Supra、4番手がヘイキ・コバライネン/中山雄一組のDENSO KOBELCO GR Supra、そして5番手が立川祐路/石浦宏明組のZENT CERUMO GR Supraという順番で。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ