人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2020年8月31日

2020年WRC第4戦エストニア “ピンチヒッターの高速ラリー”

Mr.フクイのものしり長者 de WRC ! by 福井 敏雄
  • Line

“ピンチヒッターの高速ラリー”

暫くぶりのコラムです。ご承知のとおり全世界中に大混乱をもたらしたコロナ・パンデミックによりWRC全14戦のシリーズが第3戦メキシコでストップし、コロナ蔓延とともに予定されたイベントが続々キャンセルとなりました。何もなければ今頃は第10戦ニュージーランドまで進んだ頃でした。キャンセルされたイベントのうち久方ぶりに復帰したサファリ、そしてジャパンの主催者は特に残念なものでした。このままで行くとWRC選手権そのものの意味が問われるのでFIAはピンチヒッターを登場させ危機を乗り越えようとしています。ヨーロッパ選手権からエストニアとベルギーのイープルを加え今年は8戦のシリーズを組み、8月21日に発表しました。
第4戦  エストニア   9/4-6
第5戦  トルコ     9/18-20
第6戦  イタリア    10/8-11
第7戦  ベルギー    11/19-22

3戦終了までのポイント・スタンディングは次のとおりです。
(ドライバー)
1.オジェ(トヨタ)62
2.エヴァンス(トヨタ)54
3.ヌーヴィル(ヒュンダイ)42
4.ロバンペラ(トヨタ)40
5.タナク38

(メーカー・チーム)
1.トヨタ:110
2.ヒュンダイ:89
3.フォード・Mスポーツ:65

以前から国際大会が開催されてきたエストニア。2019年はWRC招致大会として開催され、WRCの全マニュファクチャラーが参戦。トヨタ・ヤリスWRCは総合優勝を遂げた。

さて、第4戦が行われるエストニアはバルト海とフィンランド湾に接する北欧の小国で人口約134万人、1,500以上の島々からなり多様な地形で岩場の海岸、原生林や湖に恵まれています。首都はタリンで美しい旧市街があります。私はこの街に行ったことがありますが、そのときはラリーの仕事ではありませんでした。路面はフィンランドに似て固いグラベルでジャンピングも多いハイスピードタイプです。北欧ドライバーに好まれます。

J SPORTS オンデマンド番組情報

エストニアの国民的英雄タナク。初の母国開催で優勝を期している

この国でのラリーの歴史は結構長くFIAヨーロッパ選手権の常連メンバーです。タナク選手の出身地で彼は国民的英雄です。ここ数年WRC参入の運動をFIA内部で進めて準備していましたが、たまたま今回コロナによる他のラリーのキャンセルのためその幸運を掴む結果になりました。最終戦ベルギーも同じ理由です。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ