人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2020年8月18日

SUPER GT第3戦プレビュー|鈴鹿を制するのは、GR SupraかNSX-GTか?

SUPER GT by 秦 直之
  • Line

昨シーズンからニッサンファンにとっては悔しい結果が続いている。第3戦では復活の兆しを見せて欲しい。

一方、ニッサンGT-R勢だが、2戦終えてまだトンネルからの脱出感はない。カルソニックIMPUL GT-Rの佐々木大樹/平峰一貴組が、最上位となる6位でゴールしたかと思われたが、終盤に接触があり、これが危険なドライブ行為との判定で11位に降格。再上昇のきっかけをつかめたかと思われたが、どうにも不運続き。よって、またもCRAFTSPORTS MOTUL GT-Rの平手晃平/千代勝正組が最上位となったが、開幕戦よりひとつ落とした8位は、どうあれ納得など少しもしていないだろう。

ボディサイズがライバル車両に比べて大きいという、ハンデは確かにあるのだろうが、それだけではない「根」は予想以上に大きそうだ。鈴鹿でも苦戦が続けば……。

鈴鹿でも引き続き有利か、JAF-GT勢! 

対するは、鈴鹿3連勝の期待がかかるK-tunes RC F GT3

ロータス・エヴォーラMCは待望の初勝利。加藤寛規にとっては実に10年ぶりの優勝だった。

開幕戦では埼玉トヨペットGB GR Supra GTの吉田広樹/川合孝汰組が優勝、マッハ車検GTNET MC86マッハ号の坂口夏月/平木湧也組が3位。そして第2戦ではシンティアム・アップル・ロータスの加藤寛規/柳田真孝組が優勝、SUBARU BRZ R&D SPORTの井口卓人/山内英輝組が2位と、今年のGT300はJAF-GT勢が絶好調。かつて富士は苦手と言われていたものだが、すっかりその印象は失せている。

FIA-GT3に対するBoPの影響も大きいだろうが、結果的にオフシーズンが長くなってしまったことで、例年以上に手を加えることが可能となり、ポテンシャルを高めたから……という方が、たぶん要因としては大きいはずだ。逆に、改造の許されないFIA-GT3は、時間がたっぷりあっても、長いオフという恩恵は受けられなかったと考えられる。

富士でストレートパフォーマンスの差を、コーナリングでカバーできたのだから、鈴鹿ではより威力を発揮しそう。ただ、先に記した4台はすでにウエイト30kg超え。埼玉トヨペットGB GR Supra GTに至っては、第2戦でも6位に入って75kgも積んでいるから、しばらくは手堅いレース運びを強いられよう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ