人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2020年8月18日

SUPER GT第3戦プレビュー|鈴鹿を制するのは、GR SupraかNSX-GTか?

SUPER GT by 秦 直之
  • Line

鈴鹿はホンダの聖地、NSX-GT勢にとってはホームコースであるわけで、どこで勝ちたいかと聞けば、間違いなく鈴鹿だと答えよう。そこにわずか8kgのウエイトで挑めるわけだから、ARTA NSX-GTにとっては最大の好機到来とは言えまいか。

NSX-GT勢は開幕戦から続くスープラ勢の上位独占をなんとしても阻止したいはずだ。

鈴鹿と富士では、コース特性が異なるのは紛れもない事実であるが、近頃の富士がストレート重視だけでなく、高速コーナーのセクター2、テクニカルのセクター3も含め、トータルで速くないと結果が残せなくなっている以上、先の『正解』はかなりの部分で鈴鹿にも当てはまると考える。過去2戦、予選では2番手、そしてポールだっただけに、「もう結果を残さないことには!」という思いもあるだろうし……。

GR Supra祭りは「後夜祭」がまだまだ続く?

ランキングトップの関口雄飛/サッシャ・フェネストラズ組(36号車 au TOM’S GR Supra)。サッシャ・フェネストラズ(左)はGT500デビューとは思えないアグレッシブな走りを見せつけている。

KEIHIN NSX-GT圧勝の一方で、au TOM’S GR Supraの関口雄飛/サッシャ・フェネストラズ組が、「してやったり」の表情を見せているような気がしてならない。15秒もの差をつけられたとはいえ、2戦連続の2位でランキングはトップ。予選6番手からレースを開始したのだから、最終的に何秒差をつけられようが、痛くもかゆくもないだろう。

KeePer TOM’S GR Supraの平川亮/ニック・キャシディ組もそうだが、こと予選では想像していた以上にウエイトハンデが効いていたよう。42kg積んでいたこともあり、こちらは10番手。それでもレースは4位でゴールしている。さらにWAKO’S 4CR GR Supraの大嶋和也/坪井翔組も2戦連続で3位につけ、ランキングのトップ3までを占めている。ニュアンスとしては、GR Supra祭りの「後夜祭」には成功したという感じか。いずれにせよ、決勝には強い車両であることが改めて証明された。

新型コロナウィルスの影響により来日が遅れていたヘイキ・コバライネン。スープラ勢が好調なだけにその波に乗り今期初のポディウム獲得を目指したい。

これら3台はウエイトのことを考慮すれば、予選は少々厳しくても決勝でどこまで順位を上げてくるか、引き続き注目したいところだ。他にトヨタGR Supra勢の注目どころは、前回のプレビューに引き続きになるが、DENSO KOBELCO SARD GR Supra。今回はヘイキ・コバライネンがようやく復帰を果たし、中山雄一と今年初めてタッグを組む。さらに前回、予選14番手からスタートしながら、決勝への大幅なセット変更が効いて、ドライブシャフトの破損で戦列を離れるまで8番手にまで上げていた、WedsSport ADVAN GR Supraの国本雄資/宮田莉朋組も気になるところである。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ