人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2020年7月15日

遅ればせながら、いよいよSUPER GTが開幕! 何が起こってもおかしくないシーズンに

SUPER GT by 秦 直之
  • Line

新型コロナウイルスの影響で、スケジュールが大幅に改められ、7月19日に当初の予定より3か月遅れで、ようやく幕を開けることとなったSUPER GT。全8戦でのシリーズ開催となるのは当初のままながら、舞台となるサーキットは富士スピードウェイ、鈴鹿サーキット、ツインリンクもてぎのみとなった。しかも、開幕からの4戦は無観客試合に。非常に残念ではあるものの、J SPORTSでは、特にオンデマンドにおいては練習走行、予選、決勝、そしてトークショーなど余すところなくお届けする。
さて、今シーズンの特徴としてはGT500が、全車ニューマシンでの戦いとなる。体制を改めたTOYOTA GAZOO Racing(TGR)は、GR Supraを新たに投じることに。開幕戦の舞台である、富士スピードウェイで6月27~28日に行われた公式テストでは、セッション1においてWAKO’S 4CR GR Supraの大嶋和也/坪井翔組が、いきなりトップタイムを叩き出した。今、勢いに乗るドライバーのひとり、坪井と新たにコンビを組んだ大嶋が、連覇に向けて弾みをつけたのは言うまでもない。

セッション1で1位、2日間の総合記録で7位となった14号車 WAKO'S 4CR GR Supra。大嶋は3ヶ月ぶりの実戦走行であったが、ピットアウトした瞬間にすぐに感覚を取り戻すことができたとコメント。

全体的にGR Supra勢は安定感がテストでも見られ、デビューイヤーからの活躍が大いに期待できそうだ。ひとつ惜しまれるのがDENSO KOBELCO SARD GR Supraを中山雄一とともにドライブするはずだった、ヘイキ・コバライネンが入国できず。エントリーを取り消されていることだ。しかし、その代役として起用されたのは、昨年のチャンピオンのひとり、山下健太で本来なら今年はWEC(世界耐久選手権)に専念するはずであった。だが、その山下も出国できぬ状況が続く中、白羽の矢が当てられることに。中山と山下がタッグを組むのはSUPER GTでこそ初めてだが、他のカテゴリーでは同じチームに属した時期は長く、その意味でコンビネーションは問題なし。台風の目となる可能性は十分にありそうだ。
そして、2日間のテストで最速タイムをマークしたのは、RAYBRIG NSX-GTの山本尚貴/牧野任祐組だ。今年からホンダ陣営はNSX-GTのままではあるが、駆動方式を変更。NSXと言えば……のミッドシップから、エンジンをフロントに置くFRに改めている。それまでのノウハウが通用しないとなれば、しばらく苦戦が続くかと思われただけに、正直なところ意外な結果でもあった。しかしながら本来、共通のモノコックの、置かれる場所にエンジンが置かれることでバランスが向上したのは間違いない。見た目の上でも、ほとんど違和感がないのは、エンジンがコンパクトであるためだ。王座奪還を目指すホンダのエース、山本から牧野がどれだけ多くのことを吸収できるかが、最大のカギとなりそうだ。

ドライ路面だった前日のセッション2に続き、ウェットコンディションのセッション3でもトップタイムを叩き出した100号車100 RAYBRIG NSX-GTの牧野任祐。

J SPORTS 番組情報

  • SUPER GT 2020

    全戦の予選・決勝を生中継を中心に放送!

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ