人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2019年5月23日

SUPER GT第3戦プレビュー:三度目の正直……なるか?

SUPER GT by 吉田 知弘
  • Line
スーパーGT第3戦プレビュー:三度目の正直……なるか?

今週末は、スーパーGTシリーズの第3戦が鈴鹿サーキットで開催される。2019シーズンも早いもので第3戦に突入し、序盤戦から中盤戦へ戦いの舞台を移そうとしている。

ここまで2レースを終えて、GT500クラスでは開幕2戦連続で表彰台を獲得している松田次生/ロニー・クインタレッリ組のMOTUL AUTECH GT-Rがランキングトップ。GT300クラスでも2戦連続で2位表彰台を手にした高木真一/福住仁嶺組のARTA NSX GT3が首位につけている。

しかし、両者ともウェイトハンデが50kg近くにまで達し、そろそろ影響がで始める頃だ。一方、前戦までに思うようなレース運びができていないチームとっては、ここ鈴鹿で好結果を残して上位とのポイント差を縮めておきたいところ。土曜日の公式予選から白熱のバトルが繰り広げられそうだ。

■GT500クラス:「ここは狙っている」という12号車カルソニックIMPUL GT-R、今季初Vなるか?

まずはGT500クラス。一番の注目は開幕前のテストから他を圧倒する速さをみせていた佐々木大樹/ジェームス・ロシター組のカルソニック IMPUL GT-Rだ。冬季テストでは2月のマレーシア、3月の鈴鹿、岡山、富士の各テストでトップタイムを記録する好調ぶりで、多くのライバルからも「今年の12号車は速い」と言われるほどの仕上がり具合をみせていた。

開幕戦の岡山では3位表彰台を獲得し幸先の良いスタートを切ったが、第2戦富士では不運なアクシデントもあり、12位とポイント獲得はならなかった。

迎える今週末の第3戦鈴鹿だが、ここまでテストをしてきた中で12号車が一番手応えを感じていたコースのひとつとのこと。第2戦富士の時に佐々木大樹は「富士でトップを取れないのは多少仕方ないかなと思えるくらいの手応えでした。ただ、鈴鹿に関しては自信があるし、正直(トップを)かなり狙っています」と語っていた。また相方のジェームス・ロシターは鈴鹿でのスーパーGTで過去2勝した実績を持ち相性も抜群。今年は本命視されながらも、岡山、富士と勝利をつかめていないだけに“三度目の正直”となるか、注目が集まる。

これに対抗してきそうなのが、昨年もここで驚異的な速さをみせたホンダNSX-GT勢。今年はミッドシップハンデの数値が変更になり、やや不利になったのではないかという噂もあったが、開幕戦では野尻智紀/伊沢拓也組のARTA NSX-GTが優勝。第2戦富士では山本尚貴/ジェンソン・バトン組のRAYBRIG NSX-GTが3位に入り、しっかりと上位につけている。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧