人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2019年5月22日

SUPER GT第3戦プレビュー 今度こそ悪天候に見舞われないことを!

SUPER GT by 秦 直之
  • Line

SUPER GT第3戦が、「SUZUKA GT 300km RACE」として5月25~26日に鈴鹿サーキットで開催される。今年ここまでの2戦は、いずれも決勝レース悪天候によって、赤旗中断の憂き目に遭っている。誰もが望むのは今度こその期待。幸い、この原稿執筆時の天気予報では、週末の東海地方に崩れはなさそう。そろそろ本当のパワーバランスを確認したいところだ。

SUPER GT 2019 第3戦 鈴鹿サーキット

鈴鹿のトップ3が、そのままランキングトップ3ともなったGT500

ここまで岡山、富士ともに予選までは好天に恵まれているが、何より第2戦で驚かされたのは、MOTUL AUTECH GT-Rのロニー・クインタレッリが、2戦連続でポールポジションを獲得したことだ。第1戦で決勝でも2位、ハーフポイントだったことから17kgに留まったとはいえ、ウエイトを積んでの結果である。そして、岡山と富士ではコースの性格が異なることからしても驚異的であり、こと一発の速さにおいてはニッサンGT-Rとミシュランの組み合わせ、が優れ、なおかつQ1を走った松田次生のアジャスト能力、クインタレッリへのインフォメーションが、いかに的確か分かろうというもの。しかも2戦連続の2位で、ランキングでもトップに立っている。

ただ、決勝でも本当に強いかというと、悪天候に見舞われたことにより、GT500全体のパワーバランスが見えてこないというのが本当のところだ。運やタイヤチョイスなどが影響している部分も大きく、そういった意味でもそろそろ終始ドライコンディションでの決勝が見たい。その結果として、全体像が明らかになるのではないか。

ちなみに昨年は、ARTA NSX-GTの野尻智紀/伊沢拓也組が優勝し、これにRAYBRIG NSX-GTの山本尚貴/ジェンソン・バトン組が続き、ホンダ勢がワンツーフィニッシュを達成。3位にKeePer TOM’S LC500の平川亮/ニック・キャシディ組がつけて、順番こそ異なるものの、昨年のランキングトップ3が揃って表彰台に上がっていた。鈴鹿は2本のストレートと低速から高速までコーナーが巧みに組み合わされることで、チーム、ドライバーともに高い実力が求められるため、昨年のレースの結果がシーズンを通じた結果にほぼ反映されたのだろう。今年もそうなり得る可能性は極めて高い。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧