人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2019年3月25日

2019年WRC第4戦ツール・ド・コルス(フランス) “早くも第4戦はシーズン初のターマック”

Mr.フクイのものしり長者 de WRC ! by 福井 敏雄
  • Line
2019年WRC第4戦ツール・ド・コルス(フランス) “早くも第4戦はシーズン初のターマック”

モンテ、スウェーデンそして米州大陸の特殊な3戦を消化し、今回は地中海のリゾートコルシカ島の伝統的なターマック戦です。序盤の3戦は予想されたようにシトロエンのオジェ(61)、トヨタのタナック(65)、ヒュンダイのヌーヴィル(55)が三つ巴の接戦です。

メーカーポイントではトヨタ(86)がタナックを支えるミークの堅実な走りでポイントを稼いでいます。シトロエン(78)はオジェひとりで稼いでいますが、ラッピが上位で完走すれば今後は強力になるでしょう。ヒュンダイ(77)はミケルセンが低調で2番手ドライバーの選定に頭を痛めています。ローブがもっと多く出場してくれることをチームは望んでおり、ミケルセンの地位は下がりつつあります。フォード(45)はエヴァンスが頑張っていますが苦戦中です。

このラリーは1956年創設と歴史が古く、1973年のWRC開始以来のメンバーです。1973年から2008年までコルシカ島、2010年からフランス本土のアルザス地方に移りましたが2015年に再びコルシカ島に戻りました。200メートルの直線を見つけるのが難しいと言われる程の多数のコーナーは10,000コーナーラリーとも呼ばれ、風光明媚な環境と共に特徴のあるコースになっています。断崖のコースは一方が山、一方が海過去悲惨な事故も発生したため問題を起こした時期もあり、グループBから更に性能を高めたグループSの開発が中止になったこともありました。

伝統的にフランス系のドライバーが有利とされてきました。2014-2015はラトバラがVW時代に優勝していますが、それ以外の年はここ12年間二人のセバスチャンが独占しています。エントリー・リストによれば今回もオジェとローブの一騎打ちが実現しそうです。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧