人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年12月16日

優勝候補最右翼に躍り出るか、スパーズィーに逆戻りするか

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
モハメド・サラー

モハメド・サラー

「彼らはresult machineだ」

リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、トッテナムを警戒している。今シーズンはプレミアリーグでエヴァートンに、ヨーロッパリーグでロイヤル・アントワープに負けただけなのだから、当然のコメントだ。ハリー・ケインとソン・フンミンのコンビに磨きがかかり、センターバックの層に不安がある守備陣も、ウーゴ・ロリスとトビー・アルデルヴァイレルトの両ベテランを軸に安定している。

「わずか数か月のパフォーマンスにすぎない」と、ジョゼ・モウリーニョ監督は謙遜したが、その表情は実に穏やかだった。手ごたえをつかんでいるに違いない。

さて、トッテナムは現地時間16日午後8時キックオフ予定のリヴァプール戦から、難しい試合が続く。

【16日】リヴァプール
【20日】レスター
【27日】ウォルヴァーハンプトン
【30日】フラム
【1月2日】リーズ

フィルジル・ファンダイク、ジョー・ゴメス、ディオゴ・ジョッタなど、負傷者が相次ぐリヴァプールだが、攻撃側のタレントは揃っている。

「サディオ・マネもロベルト・フィルミーノも、モハメド・サラーも元気そうじゃないか」

モウリーニョも油断はしていない。

また、レスターはポゼッションもカウンターもこなす曲者であり、ウォルヴァーハンプトンはダニエウ・ポデンセとペドロ・ネトのスピードが厄介だ。そしてフラムはポイントを稼ぐためなら6バックも辞さない覚悟があり、リーズを率いるのは百戦錬磨のマルセロ・ビエルサだ。

18日間で5試合という過密日程であると同時に、タイプの違う相手との闘いだ。心身ともに疲弊する。

ただ、今シーズンのトッテナムは様変わりしている。

「心が強くなってきた」(ジェイミー・レドナップ)
「不遜なほど堂々としている」(マイケル・オーウェン)
「絶対に負けないという強い気持ちが感じられる」(ロイ・キーン)

かつてのスーパースターで、現在はコメンテイターとして人気を博す男たちが異口同音に語ったように、トッテナムはモウリーニョのチームらしくなってきた。ビハインドになっても浮き足立たず、守勢にまわってもオドオドしない。掌中の勝利を逸し、“スパーズィー” と揶揄されつづけたチームはどこかに消えた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ