人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年5月24日

去り行く戦士たちへ…「お疲れさまでした。ありがとう」

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line

ヴァンサン・コンパニがマンチェスター・シティに、アントニオ・バレンシアがマンチェスター・ユナイテッドに別れを告げ、ダニエレ・デロッシはASローマを退団する。そしてフランク・リベリとアリエン・ロッベンも、バイエルン・ミュンヘンのユニフォームを脱いだ。

また、バルセロナに黄金期を築いたチャビ・エルナンデス(現アル・サッド)、ユベントスの名DFアンドレア・バルザーリ、、ローマの鉄壁センターバックとして活躍したフアン(現フラメンゴ)もリタイアを明らかにしている。

2019年は節目なのだろうか。一世を風靡した選手たちが人生の岐路に立っている。指導者になる者、まだまだ現役を続ける者、人それぞれの進路はあるが、彼らの勇姿がピッチで楽しめなくなる、あるいは少なくなることに一抹の寂しさは隠せない。

さて、個人的には次の3名を挙げたい。ロビン・ファンペルシー(現フェイエノールト)、ペトル・ツェフ(現アーセナル)、ジョン・オシェイ(現レディング)……。

ユナイテッドに重心を置く筆者にとって、ファンペルシーは特殊な存在だった。アーセナル在籍時の彼は怖くて怖くてたまらないストライカーで、ユナイテッド移籍後は頼りになるストライカー。ゴール前の落ち着き、繊細なボールタッチ、剛胆な左足。ファンペルシーの一挙手一投足には何度も楽しませてもらった。

ツェフはおとなだった。2011年夏、新旧交代を急ぐチェルシーはアトレティコ・マドリーから獲得したティボー・クルトワ(現レアル・マドリー)をレギュラーGKに据えた。定位置争いのチャンスさえ与えられず、ツェフの序列は二番手に下がる。しかし彼はいっさいクレームをつけず、クラブの決定に従った。しかもクルトワにプレミアリーグ特有のリズム、対戦相手のクセなどを伝授したというのだから頭が下がる。あくまでもチーム・ファースト。ツェフだけは幸せになってほしい。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧