人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2021年10月9日

【Cycle*2021 グラン・ピエモンテ:レビュー】来季への期待が溢れ出す!手練のベテランたちを蹴散らして優勝の23歳ウォールス「本当にとてつもないこと」

サイクルロードレースレポート by 宮本 あさか
  • Line

【ハイライト】

グラン・ピエモンテ|Cycle*2021

来シーズンが待ちきれない。2021年シーズンが幕を閉じつつある時期だというのに、なんとも気の早いことに、誰もが近い未来に想いを馳せた。大集団スプリントで勝敗が決したグラン・ピエモンテで、手練のベテランたちを蹴散らしたのは、ネオプロ23歳のマチュー・ウォールス。ほんの2週間前のU23世界選手権で表彰台に上った2人、19歳のオラフ・コーイと21歳ビニヤム・ギルマイも、それぞれ3位と5位に飛び込んだ。

マチュー・ウォールス

マチュー・ウォールス

「本当にとてつもないこと。僕がロードレースでもトップレベルの走りができることを、証明してくれた」(ウォールス)

J SPORTS 放送情報

過去2大会が、直後のイル・ロンバルディアに向けた厳しい山岳大戦だったのだとしたら、今年のピエモンテ一周は、多くのピュアスプリンターにとっての大晦日。アルプスの向こう側の「落ち葉のクラシック」、パリ〜トゥールが、数年前からグラベル派へと転向してしまったせいでもある。

だからこそ名のある実力派スプリンターたちが、戦いに名乗りを上げた。特に地元イタリアの強豪は、最後の大一番に挑むために、過密スケジュールさえ厭わなかった。

たとえば31歳ソンニ・コルブレッリは、9月12日に欧州チャンピオンに輝いて以来ワンデー7戦目、しかもパリ〜ルーベを制してわずか4日後だった。日ルーベ→月コッパ・ベルノッキ→木グラン・ピエモンテと走り回った32歳ジャッコモ・ニッツォーロは、単にスタート地に向かうための移動だけでも1200kmに達する。

J SPORTS オンデマンド番組情報

世界選もルーベも途中棄権だった32歳マッテオ・トレンティンだって、有終の美を飾りたかったし、いまだ来季の動向は「発表段階にはない」の32歳エリア・ヴィヴィアーニは(現チームからは更新を打診されている)、勝利を手土産に気持ちよくサインしたかったはずなのだ。

だからこそ序盤に逃げ出した5選手の後方で、ニッツォーロのクベカ・ネクストハッシュやヴィヴィアーニのコフィディスが、勢力的に集団制御を務めた。残り35kmをからはバーレーン・ヴィクトリアスが、コルブレッリのために最前列を牛耳った。フィニッシュまで10kmを切ると、トレンティンを好位置へ誘おうと、UAEチームエミレーツ隊列が存在感を放った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ