人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2021年10月8日

【Cycle*2021 イル・ロンバルディア:プレビュー】豪華なメンバー集結!優勝大本命はプリモシュ・ログリッチ。名高いクライマーたちが今季最後の大一番へ挑む!

サイクルロードレースレポート by 宮本 あさか
  • Line
前回大会を制したヤコブ・フルサン

前回大会を制したヤコブ・フルサン

朝夕の気温が下がり、北イタリアに枯れ葉が舞い散りだす頃、名高いクライマーたちが今季最後の大一番へ挑む。ワンデークラシックの中でも、伝統と格式の高い5大モニュメントの1つ、イル・ロンバルディアの栄光を手に入れるために。自転車乗りを守るマドンナ・デル・ギザッロ教会の鐘の音を聞きながら、長かった2021年ワールドツアーシーズンを、美しく締めくくるために。

J SPORTS 放送情報

豊かな水をたたえるコモ湖のほとりから、中世の城壁都市ベルガモへ。115回目を迎える「落ち葉のクラシック」は、5年ぶりにスタート地とフィニッシュ地が入れ替わった。レースの本質は今も昔も変わらない。起伏は長く、厳しく、全長239kmのコースの累計獲得標高差は4400mを超える。

もちろん通過する上りの顔ぶれや順番は違う。過去4年間は、ギザッロへの上りはレース後半で、鐘の音はつまり本格勝負の始まりを告げる合図でもあった。今年はスタートから40km弱で、真っ先によじ登る。

J SPORTS オンデマンド番組情報

しかも普段ならギザッロの次に組み込まれてきたムロ・ディ・ソルマノを、今年は迂回する。最大勾配25%を超えるこの「壁」は、むしろ目眩がするほど危険な下りが、数々の落車を引き起こしてきた。2012年には現役世界王者フィリップ・ジルベールが地面に叩きつけられた。2017年にはヤン・バークランツとローレンス・デプラスが崖下に転落した。なにより新型コロナ禍下で行われた真夏の昨大会で、当時20歳のレムコ・エヴェネプールが、橋の下へ10m近くも落下……。2021年大会は、幸いにも、ソルマノの犠牲になる選手はいない。

道が険しさを増すのは、残り137.6kmのロンコーラから。登坂距離が9.4kmと長い上に、途中1.5kmに渡る勾配10%ゾーン、さらに6.5kmに渡る8%超ゾーン、最大17%というひどく厳しい山道で、本格的なふるい分けが行われるだろう。残り109.5kmではベルベンノ(6.8km、4.6%、8%)を、さらに残り77.9kmからはドッセーナ(11km、6.2%、11%)とザンブラ(残り63.7km、9.5km、3.5%、10%)の連続登坂をこなす。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ