人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2021年6月7日

【クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ 第8ステージ:レビュー】仮想ツール制したリッチー・ポート「ツールに十分匹敵する勝利。次は僕がGやテイオをサポートする番だ」

サイクルロードレースレポート by 福光 俊介
  • Line
ポディウム

ポディウム

大会のリーダーを示すマイヨ・ジョーヌ。本家ツール・ド・フランスと、このクリテリウム・ドゥ・ドーフィネとでは、主催者が同じA.S.O.とあってほぼ同じデザインを採用する(ドーフィネは胸に青いラインが入る)。

だから、というわけではないだろうが、8日間の激戦を制したリッチー・ポートはマイヨ・ジョーヌに袖を通した気持ちを問われて「ツール・ド・フランスに十分匹敵する勝利だ」と喜んだ。

もっとも、ポートにとってドーフィネはパリ~ニースと並んで自身に最も適したレースだという。

「過去2回、個人総合2位を経験していて、勝利に近づいていた。ついにこの大会の歴史に名を刻むことができる。僕にとっても、チームにとっても夢の実現だ」(リッチー・ポート)

J SPORTS 放送情報

これで、心おきなくツールへと向かうことができる。

クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ最終日は、例年に違わずタフな山岳コースが用意された。147kmと比較的短めなレースに対して、6つのカテゴリー山岳を詰め込んだハードなレイアウト。特に最後の上り(フィニッシュ前も無印の上りだが)となるのが、超級山岳コル・ド・ジュ・プラーヌ(登坂距離11.6km、平均勾配8.5%)。アルプスのレースでは常連でもあるこの上りが、マイヨ・ジョーヌの最終的な方向性を定める。

そんな運命の1日は、大人数の逃げで幕を開けた。一時は25人が先行したが、メンバーの入れ替わりや人数の絞り込みを経て18人で落ち着く。この中に、総合で2分51秒差につけるパトリック・コンラッドが入ったことで、メイン集団は完全な容認ムードとはならなかった。

J SPORTS オンデマンド番組情報

加えて、ドーフィネ最終日といえば、チーム戦や奇襲戦の応酬となるのが常。すったもんだの末に大会の覇者が決まる傾向にあるから、マイヨ・ジョーヌを守りたいイネオス・グレナディアーズは徹底して集団のコントロールに勤しんだ。

とはいっても、やはり簡単にはこのレースが終わるわけがない。コル・ド・ジュ・プラーヌに入りイネオスのアシスト陣が1人、また1人と減っていくと、次々とアタックがかかった。幸いにしてそのほとんどが脅威とはならなかったが、アシスト陣の脚は削られた。頂上手前でのジャック・ヘイグのアタックには、テイオ・ゲイガンハートとゲラント・トーマス、2人のリーダー格がチェックに動いたほどだった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ