人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2021年6月6日

【クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ 第7ステージ:レビュー】苦労人パデュンが超級山岳征服でワールドツアー初勝利「夢なら醒めないで!」

サイクルロードレースレポート by 福光 俊介
  • Line
マーク・パデュン

マーク・パデュン

これまで、ツール・ド・フランスではいくつもの名勝負が生まれた超級山岳ラ・プラーニュ。今回はクリテリウム・ドゥ・ドーフィネと、レースこそ異なるがまた1つ、新たな伝説が生まれた。

前日までで個人総合95位にとどまっていたマーク・パデュン。開幕以降調子が一向に上がらず、8日間を走り切ることすら無理だと思っていた。だから、得意の山岳とはいえ上位陣ひしめく集団に潜り込めたこと自体驚きだった。もう、失うものは何もなかった。

リッチー・ポートのアタックに難なく反応すると、今度は自らの力でもってチャンスを広げた。攻撃を繰り返し、フィニッシュまでの4.7kmを独走に。総合争いに関係しないとあり、先行を許されたことも幸いした。誰に追われることもなく、いの一番にラ・プラーニュの頂上に到達した。

J SPORTS 放送情報

「フィニッシュラインを越えたとき、夢なら醒めないでくれと思ったよ。でもこれは現実だったんだ」(マーク・パデュン)

クリテリウム・ドゥ・ドーフィネは大きな局面を迎えた。第7ステージは、サン=マルタン=ル=ヴィヌーからラ・プラーニュまでの171.5km。中盤に上る超級山岳コル・デュ・プレ(12.6km、7.7%)と、直後の2級山岳コルメ・ド・ロズランは、先に控えるツール・ド・フランスの第9ステージでも採用される。一部ツールと同じルートを走って、最後に上るのがこの日2つ目の超級山岳ラ・プラーニュ(17.1km、7.5%)。頂上のフィニッシュをめがけて、ステージ優勝とマイヨ・ジョーヌを賭けた争いが激化するのは必至だった。

リアルスタート直後からハイペースで進行し、70km地点を目前にようやく逃げが決まる。5人の先行をきっかけに、数人ずつのパックが追走。やがて9人の逃げグループがリードを開始した。

J SPORTS オンデマンド番組情報

この逃げはコル・デュ・プレやコルメ・ド・ロズランで人数を絞りながら、終盤まで先頭を走り続けた。ラ・プラーニュの入口でミケル・ヴァルグレンが飛び出すと、上りを得意とするピエール・ロランやケニー・エリッソンドが追随。しかし、メイン集団も前日のアレハンドロ・バルベルデの勝利で勢いづくモビスター チームのコントロールで着々と進行。逃げていた選手たちは常に射程圏内に捉えられており、ラ・プラーニュの中腹までに全員が捕まった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ