人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2020年9月16日

【宮本あさかのツール2020 レースレポート】ログリッチがマイヨ・ジョーヌを堅持して、いよいよ舞台はクイーンステージへ「明日は暴力的なフィニッシュが待っている」(ポガチャル) /  第16ステージ

ツール・ド・フランス by 宮本 あさか
  • Line
レース前に談笑するポガチャルとログリッチ

レース前に談笑するポガチャルとログリッチ

登りで一番強いのは、間違いなく、リチャル・カラパスだった。しかし、最も冷静に、賢く立ち回ったのはレナード・ケムナだ。山頂で敵をあっと驚くようなアタックを決めると、そのまま猛スピードで初めての勝利をさらい取った。大きな逃げが遠ざかった後、総合勢たちは休息日の続きを過ごした。総合2位タデイ・ポガチャルのイニシアチヴで、最後の2kmだけは少々引っ掻き回されたが、「とても良い1日を過ごせたよ」と語るプリモシュ・ログリッチのマイヨ・ジョーヌは盤石だった。

「チームも、僕も、ようやくほっとできた。だって僕らチームは、すごく攻撃的に走ってきたけれど、決して目標を達成出来なかったから。でも決して諦めなかった。そして、ついに、区間勝利をもぎ取った。まったくもって素敵だ」(ケムナ)

2度目の休息日という超級山岳を、2020年ツール・ド・フランス一行は全員で無事に乗り越えた。第15ステージの朝と休息日に行われた「プロトンバブル」関係者のPRC検査785件は、すべて陰性で、つまり1つのチームも脱落することなくパリへと突き進むことができる。また1度目の休息日の検査が陽性で、1週間の隔離生活を送って来た大会委員長クリスティアン・プリュドムも、再びレースカーNo.1の座席に戻って来た。

おかげで不安やストレスから解消されたのだろうか。プロトンはスタート直後から、思う存分ドンパチを繰り広げた。この日出走した156人中、実に3分の1近くの選手が代わる代わる逃げにトライする。最初に出来上がった28人のエスケープは一旦は吸収されるも、その後、またしても五月雨式に前方へ飛び出していく。ようやく23人の先頭集団が出来上がったのは、約2時間もの奮闘の果てだ。

まさに雪辱戦だった。エガン・ベルナルの2連覇の望みが消えたイネオス・グレナディアーズは、繰り返し加速を試み、アンドレイ・アマドール、パヴェル・シヴァコフ、そしてカラパスの3人が逃げに滑り込んだ。「僕にはツールを途中棄権する権利なんてない。自らの誇りにかけて。仲間のためにも」と休息日に語ったティボー・ピノは、自らはもちろん、チームメート3人と共に前方へ突進し、セバスティアン・ライヒェンバッハを前方へ送り出した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ