人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2020年9月6日

【宮本あさかのツール2020 レースレポート】幸と不幸の両方がフランスを包む。ティボー・ピノ「今日はもしかしたらキャリアの分岐点かもしれない」 /  第8ステージ

ツール・ド・フランス by 宮本 あさか
  • Line
ティボー・ピノ

ティボー・ピノ

喜びと悲しみ。フランスの心は2つの相反する感情に大きく揺れた。ナンズ・ピーターズが独走勝利を決めた背後では、ティボー・ピノが絶望的なまでにタイムを失い、ジュリアン・アラフィリップもまた黄色返り咲きの希望を完全に断たれた。有力者たちは小突き合いと睨み合いを繰り返し、力を上手く制御したアダム・イェーツは、望み通りにマイヨ・ジョーヌ着用権利をさらに1日延長した。

「クレイジーな気分だよ。ジロで区間を勝った時もすごかったけど、さらにそれを上回るね。ツールで勝つのは夢だった。トライしない手はない、って思い切った。ホント、クレイジーだよ」(ピーターズ)

ニースでの開幕からちょうど1週間。いよいよプロトンはピレネーの巨大山脈2連戦へと挑みかる。「待ち」の姿勢から、ついに脱却すべき時が訪れた。2020年マイヨ・ジョーヌ争いも、必ずや加熱するに違いない……!こんな関係者たちの熱い期待と共に、141kmの短距離ステージは走り出した。

ただし、誰もがすぐに、ピレネー初日が総合大本命たちの手には落ちないことを悟る。スタート直後に13人が逃げ出したあと、たしかにマイヨ・ジョーヌ擁するミッチェルトン・スコットは集団先頭で隊列を組んだ。ただし気前よくどんどんタイム差を与えた。総合2位に対するリードがわずか3秒でしかないアダムにとって、最終峠の山頂にしかけられたボーナスポイント(8、5、2秒)やフィニッシュのボーナスタイム(10、6、4秒)は、逃げ選手が潰してくれたほうが好都合なのだ。

おかげで今大会すでに3度目の逃げとなる山岳賞ブノワ・コヌフロワに、2度目のファビアン・グルリエ、ジェローム・クザン、トムス・スクインシュ、ニールソン・ポーレス、さらには今大会初めて前に飛び出すミカエル・モルコフ、ケヴィン・レザ、セーアン・クラーウアナスン、イルヌル・ザカリン、カルロス・ベローナ、そしてツール初出場・初逃げのナンズ・ピーターズ、ベン・ヘルマンス、カンタン・パシェは、早い段階で逃げ切りを確信する。残り85km、1つ目の難関マンテの麓で、すでにタイム差は最大14分にまで広がっていた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ